nhk

(100分de災害を考える)見逃し配信・動画寺田寅彦/100分de名著再放送・無料視聴3月1日

(100分de災害を考える)寺田寅彦/見逃し配信・動画100分de名著再放送・無料視聴3月1日

2021年3月1日(月曜日)22時25分からNHK Eテレで『100分de名著 100分de災害を考える(1)▽寺田寅彦“天災と日本人”』が放送されます

見逃した放送地域にない、見れない方はU-NEXTで見れます

(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるU-NEXTサイトの説明に飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

100分de名著 寺田寅彦/見逃し配信再放送動画3月1日フル無料視聴

100分de名著 寺田寅彦/ /番組内容

科学者であり随筆家でもある寺田寅彦の災害観のエッセンスがつまった随筆集が「天災と日本人」だ。文明が進歩すればするほど災害による被害は甚大になるという寺田。災害に向き合うためには、日本人が古来からもっている自然観をもう一度見つめることで、人間と自然との「つながり」を根底から考え直す必要があるという。第一回は、災害という予測不可能な危機にどう向き合い、どう冷静に対処するかを考える。

キャスト

【講師】批評家・随筆家・東京工業大学リベラルアーツ教育研究院教授…若松英輔,【司会】伊集院光,安部みちこ,【朗読】滝藤賢一,

100分de災害を考える見逃し配信動画みどころ

物理学者で執筆家でもある寺田寅彦の名著「天災と日本人」について読み解くというのはとても興味深く、災害に対してどのように備えるべきなのかという大切さが書かれた本は今だからこそ読むべき内容が詰まっていそうで、楽しみにしてしまいます。文明が進めば進むほど、災害による被害は甚大になるという寺田寅彦の科学に基づいた考えを知ることが出来るのはとても貴重で、予測不可能ともいえる災害にどのように備えるべきなのかを深掘りするという内容は注目して見てしまいそうです。そして科学や政治の面からだけでなく、日本人が古来から持っている自然に対する考えをもう一度見つめ直すことが重要だと語る寺田寅彦の言葉は、見るだけで為になりそうで楽しみにしてしまいます。災害大国である日本でどのようにして災害の危機と向き合っていくべきなのか、そして災害に対してどのように備えるべきなのかについて、科学と人文学の両方から見た寺田寅彦の言葉はとても重みがありそうで、どんな内容が書かれているのか気になってしまいます。そして日本人が古来から持つ自然観が重要だと語る寺田寅彦の言葉が気になってしまい、災害と自然の共通点について書かれた内容はとても楽しみで注目してしまいます。

100分de名著(100分de災害を考える)寺田寅彦/あらすじ

今回の書籍は、科学者であり、随筆者でもある寺田寅彦さんのエッセイがこの番組で紹介されます。紹介される随筆集から、天災と日本人というテーマがかかれており、島国であるため、災害が多いとされているこの日本が昔から抱いていた災害に対しての向き合いかたなどを問われるような作品になっています。
科学者としてからみた災害への思いと、何度も繰り返す災害によって、日本人はどのように考えているのかなどを知る事ができる書籍であると思いますので、この書籍を参考にして、災害に対してのあり方などをもう一度見つめなおすことができるきっかけになるといいのではないでしょうか。
寺田さんは、文明が進歩を重ねることによって、災害においての被害の規模というのは大きくなると考えられているようで、文明が進歩することによって、災害対策なども万全となるのではないかと思っていた自分としてはちょっと意外な見解でした。寺田さんは、日本人が古来からもっていた、自然に関しての考えを見つめなおして、人間と自然のつながりというものを考え直すときにあると考えられているようなので、その考えの裏にある真相や、予測することが困難である災害にどう向き合うべきなのかを考えることができる番組となっているようなので、どんな貴重な話が聞けるのかとても楽しみにしています。

100分de名著(100分de災害を考える)寺田寅彦みんなの感想

寺田さんと言う方は科学者なんですね。その科学者が天災と向き合うというギャップが理解できにくいですね。ただ科学や文明が発達すればするほど天災が起こりやすくなる。この言葉には納得しています。確かに今の地球環境破壊も文明や科学の進歩が大きく影響していますからね。自然を大事にする姿勢がなければ地球はどうなってしまうのだろうか。寺田さんの言う通りです。そしてこうゆう科学者が言うセリフこそ説得力があるんですよね。こうなってこうなるからこうなるんですよ。と起承転結をきちんとまとめて話されるだろうから説得力が大きいと思うのです。まあ私の頭で寺田さんの話を理解できるのかどうかはさておいて、いざ災害が起きたら冷静に対処なんて無理だよ。と今心の中では叫んでいる状態です。地震や大雨が来たら誰だって焦るし、命の機器を感じたらパニックになるのは当たり前じゃないですか。私がこの番組を観る時にはこうゆう事を言っては失礼ですが少し対抗意識で見ると思います。「あなたは科学者だから冷静でいられるだろうけれどもこっちはそんなに冷静ではいられない!!」でも90%以上の人は私と同じ考えだろうと思うのです。でもこの番組を観たら私の考えも多少は変わるかもしれませんね。

まとめ

有名だけどなかなか読めない作品や、今読むべき作品の4回に分けてわかりやすく、様々な気付きを与えてくれる番組というだけでなく、3月と言えば、東日本大震災について思い起こすことの多い時期ということもあるので見逃せません。また、文明が進むほど災害の被害が大きくなるという記載内容がとても気になります。システム化が進めば、災害の予測や予防策が事前にわかるようになり、被害が少なくなる、もしくは被害を防ぐことが出来るのではと思っていたので、想定外でした。阪神淡路大震災の被災者で、自宅が全壊し、人生がとても変わってしまった経験から、ただただ目の前に起こることに対処して、たまたま助かり、そしてなんとか過ごしてきた私にとっては、申し訳ないのですが思い出したくないことばかりで、今後起こるかもしれない災害について考えたくもないことなのですが、考え、対策すべきことだと思って防犯グッズの収集をすることで、その恐怖に立ち向かう勇気が湧かなかったのですが、寺田寅彦さんが随筆家であり、科学者であるという観点からの予測のできない事態にどのように対応すべきか、どのように立ち向かうべきかという彼の考えやアドバイスをしっかり学びたいです。

(無料視聴できます)

↓ ↓

100分de名著 寺田寅彦/見逃し配信再放送動画3月1日フル無料視聴