MX

ド級編隊エグゼロス 動画 1話 アニメ 7月3日 無料視聴する方法

ド級編隊エグゼロス 動画 1話 アニメ 7月3日 無料視聴する方法

 

2020年7月3日24時からTOKYO MXで『ド級編隊エグゼロス #1「光満ちるこのセカイで」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ド級編隊エグゼロス
 

ド級編隊エグゼロス /番組内容

 

人間のエロスの源「H(エ)ネルギー」を吸い取ることで少子化をエスカレートさせて、人類を緩やかに滅ぼさんとする侵略者・キセイ蟲。その存在が社会問題となる中、高校生の炎城烈人はある出来事によって、幼なじみの星乃雲母が心を閉ざしたままなことを気にかけていた。

久々に雲母と話をしたものの、関係はギスギスしたまま。落ち込む烈人だが、一人で下校中にキセイ蟲を発見。Hネルギーを奪われて生きる活力を失っていく人々を前に、怒りを爆発させた烈人は……。

 

ド級編隊エグゼロス キャスト

 

炎城烈人(松岡禎丞)
星乃雲母(加隈亜衣)
桃園桃花(矢作紗友里)
天空寺宙(桑原由気)
白雪舞姫(茅野愛衣)
庵野丈(三木眞一郎)
チャチャ(大森日雅)
ルンバ(岸尾だいす)
ナレーション(小山力也)

 

ド級編隊エグゼロス タイトルに驚き

 

どういうアニメなんだろうかと、文字を見て戦隊ものなのかなと想像しながら番組HPをクリックしてみると真っ先に飛び込んできた、HEROとはHとEROの、という言葉を見て思わず大きく噴き出してしまいました。

HEROという言葉はHEROという言葉としてでしか認識していなくまさか分解して考えたり、分解したら両方の文字が見事なまでにストレートすぎる下ネタな表現になるとは考えも想像もしていなかったので、「お見事、座布団1枚ならぬ10枚」と声を上げたくなるほどそのセンスには脱帽もしました。

こういう発想ができる作者の作品ならぜひとも見てみたいと、どんな面白い展開が繰り広げられるのかぞくぞくワクワクしてきたぞと大きな期待を寄せています。

舞台も大好きな学園ものですし、キャラクターも見た目も中身も似たようなキャラクターというのがなくとてもわかりやすくてありがたいですし。

キャラクター名もこのアニメを象徴しているようなクスッと笑える名前から、美しかったり上品だったりキラキラネームだったりとバラエティーに富んでいて面白くて楽しいです。

タイトル名に編隊とあるように各キャラクターには戦隊ものと同じく担当カラーがあったりと憎い演出をしている点も魅力に感じていますので、わかりにくかったりとても細かいけど他にも憎い演出がどこかにされていないか探す楽しみもありそうです。

 

ド級編隊エグゼロス 人類から奪うのはHなエネルギー

 

「HERO」というスペルをHとEROでできてるなんて、今まで生きてきて全く気が付きませんでした。

エグゼロスを知るまでは!本当だ、よく気が付くなぁと感心しちゃいましたもん。でも気が付きたくはなかったかも?

これまではこの文字をみるとカッコイイヒーローのイメージだったけど、どうしてもHとEROだと意識してしまうようになりましたからね。

Tシャツのロゴとかでその文字があっても、つい頭をよぎってしまう…。

色々と発想に笑ってしまうんですよね。

悪役が人々のHエネルギーを奪って絶滅させようというのも新しい!

性欲がなくなれば子供も作られないですからね。

ヒーローものでもあるけど、やっぱりなんといっても可愛い女の子達のお色気シーンが特徴ですよね。

絵もかわいくて、栄養のよく行き渡っていそうな発達した女の子達の体。

なんなら、彼女達がピンチとか嫌がっていることでも視聴者はいいぞもっとやれ状態に?

バトルにお色気、そんなコメディーを楽しみつつ色んな意味でドキドキさせる。

それがエグゼロスではないでしょうか。

ただのヒーローモノだと思ったら大火傷してしまうかもしれませんね。

何も考えず頭を空っぽにしてドキドキワクワクできるのではないでしょうか。

 

ド級編隊エグゼロス アニメのイメージが変わった

 

このアニメのイラストタッチは、典型的なアニメという感じです。

少し子供っぽい瞳のなかに星がいくつもあるような作風です。

しかし、作品紹介の冒頭に「HEROはHとEROで出来ている」とあり、上手いこというな…と思わず吹き出してしまいました。

ちょっとこのアニメのイメージが変わった瞬間です。

もしかしたら、意外と私向けのアニメかもしれない、と思いはじめました。

このアニメのなかに出てくるキーワードとして、ここでしか使われないであろう耳慣れない謎の言葉がたくさん出てきます。

キセイ蟲?エグゼロス?Hネルギー?何じゃそれ!と思わず突っ込んでしまいました。

このアニメを楽しむためにはこういった独特なワードに慣れていく必要がありそうです。

設定には近未来的なものや異世界を感じる部分はありますが、主人公たちは高校生で異性の幼馴染みがおり、その関係に悩んでいる…という、いたってノーマルな現実社会にもあるような面も見つけられました。

こういう部分を足掛かりにしてこのアニメの世界に近づけていけたらいいなと思います。

ストーリー展開は全く想像がつきませんが、個人的な評価としては両極端に、傑作か駄作かのどちらかになりそうです。

ただ、一話の放送で決めつけてしまうのは勿体ないと感じさせるアニメです。

 

ド級編隊エグゼロス 完結型ストーリー

 

このアニメは、エッチと要素とヒーロー物の要素が組み合わさった印象を受けました。

エッチな要素ばかりだと話的に弱い感じがしますが、そこにヒーロー物の要素が加わっているので、ひょっとして面白そうな感じがします。

ちょっとギャグ要素も感じられるので、軽く笑い飛ばせそうな予感がしています。

質が良くても重い話ばかり見ていると気持ちが重くなるので、こんな作品を見るのも気分転換になれそうです。

また、ヒーロー物の要素が含まれているということなので、1話毎にスッキリするようなお話の終わりを用意していそうで楽しみです。

見終わりがスッキリするアニメは見ていて気分良く見終えることができるので好きです。

そして、このアニメは続き物というよりも1話毎に完結する感じがするので、次週まで展開を気にしなくて良さそうなので、気楽に見られそうです。

あと、登場するキャラクターの書き分けがされているのも視聴者としては、嬉しいポイントです。

キャラクターの見た目が被っていると区別がつかなくて見ていて分からなくなる時があります。

この作品は、そう言った心配が無さそうでよかったです。

 

ド級編隊エグゼロス キセイ蟲

 

人々のエロい気持ちを奪っていき、エロイ行為を規制することによって、人類滅亡を秘かに狙っているキセイ蟲。

エロを規制するというのはいいことずくめというようにも思えたものの、実は規制することで子孫も生まれなくなるのかとハッとさせられました。

ストーリー自体はおふざけのような感じもしますが、エロの大切さを伝えるような作品になることを期待しています。

タイトルや敵のネーミングセンスに驚かされますね。

パット見るとなんてことがない戦隊物のような感じがしますが、読んでみるとどきっとさせられました。

世の中の人々のエロを奪っていくことで活力も生気もなくなっていく人々というのはおおげさなようですが、あながち間違いではないかもしれません。

改めて人々の原動力がエロでできているということを感じさせられるのではないでしょうか。

そのため、エロを吸い取っていく敵に対抗する為に、高校生が立ち上がるというのはとても面白そうですね。

キュートな女子高生なども登場してちょっとしたエロシーン的なサービスショットなどもあるようなので、キセイ蟲との戦いだけではなく、サービスショット的な部分でも楽しませてくれそうな、大人のための戦隊アニメを楽しめるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

HERO(ヒーロー)はHとEROで出来ているというこのアニメの紹介を見て、いけないアニメが始まるのかというドキドキ感を抱きました。

多くの人を魅了しているヒーロー、実はエロを秘かに奪い取って、エロが規制されてしまった人たちが子孫を残す行為に目を向けなくなってしまうことを目的にすることで人類滅亡を企んでいるというのはとてもユニークな設定ではないでしょうか。

確かにエロを規制することで子孫がもてなくなる、そこに目をつけるというのはなかなか面白いですね。

そんな秘かな企みに立ち向かうのが最もエロいと思われる、思春期真っ盛りの5人の高校生たちが立ち向かうというとても攻めた内容ではありますが、単にエロを強調しているのではなく、しっかりとストーリーが作り上げられているようなので安心しました。

初回はそんな悪のたくらみをするキセイ蟲が要因で心を閉ざしてしまった幼なじみとの関係を描いているようなのですが、なかなか心を開いてくれないというような状況に陥り、そんな状態のなかでキセイ蟲がみんなのエロのエネルギーを吸い取って行き、活気を失って行くのをみて一人敵と戦おうとする展開になるようなのですが、キセイ蟲がどんな描き方をされているのかなどに注目をしたいです。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ド級編隊エグゼロス