日本テレビ

レディプレイヤー1 見逃し配信 フル視聴 7月3日 金ロー 無料視聴方法

レディプレイヤー1 見逃し配信 フル視聴 7月3日 金ロー 無料視聴方法

 

2020年7月3日21時から日本テレビで『金曜ロードSHOW!「レディ・プレイヤー1」★地上波初放送★』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

金曜ロードSHOW! レディプレイヤー1
 

金曜ロードSHOW! レディプレイヤー1 /番組内容

 

時は2045年。誰もがなりたい自分になれるVR世界“オアシス”創設者が「謎を解明した者に莫大な遺産を授ける」という遺言を残す。全人類が挑戦する中、現実世界では冴えない17歳のウェイドも宝探しに参加する。VR世界で出会った仲間達そして謎の美女と協力しながら次々と謎を解き明かしていく。しかしそんな彼を待ち構えていたのはVR世界の支配を企む巨大企業だった!ウェイドは組織の陰謀を阻止することが出来るのか!

 

金曜ロードSHOW! レディプレイヤー1 キャスト

 

<パーシヴァル/ウェイド>タイ・シェリダン(KENN)、<アルテミス/サマンサ>オリビア・クック(坂本真綾)、<ソレント>ベン・メンデルソーン(楠大典)、<エイチ/ヘレン>リナ・ウェイス(斉藤貴美子)、<オグデン・モロー>サイモン・ペッグ(山寺宏一)、<アノラック/ハリデー>マーク・ライランス(後藤哲夫)、<ダイトウ/トシロウ>森崎ウィン

 

金曜ロードSHOW! レディプレイヤー1

 

 

レディプレイヤー1 見どころ

 

女の人で何かの選手か何かをする人と思ったら、Ladyじゃなくleadyのレディーなんですね。

現実って辛いけど、仮想現実に逃げて何になるんてしょう。

面白おかしいだけの生活も虚しくなるだけのような気がします。

地球は砂漠みたいになってしまい、若者は「オアシス」に逃げこんだけど、若者以外の人間は砂漠の中にいるんでしょうか。

日本人が大好きなキャラクターを選んだのは日本通のスティーブン・スピルバーグ監督らしいですね。

AKIRAとかデロリアンとかゴジラとかREXはわかりますが、キティーちゃんは戦うキャラクターとしては畑違いのような気がします。

可愛く甘える作戦もありてしょうか。

森崎ウィンくんな声優もやってるのかと思ったら、ご本人出演だったんですね。

ハリウッド映画に出演のニュースを聴いたことがありますが、この作品だったんですね。

演技力には定評がありますが、英語も堪能なのでしょうね。

海外に進出する日本人俳優が活躍しているのは嬉しいものですね。

目標が出来ると困難も待っている。

思うことは順風満帆には行きやしない。

侍が出てくる話みたいに刺客が出て来て邪魔をする。

その刺客が日本人が好きなキャラクターなんでしょうか。

キティーちゃんが出てきたら笑ってしまいますね。

 

スピルバーグ作品に期待

 

スティーヴン・スピルバーグ監督の作品ということで、それだけでも期待感が膨らみますが、ストーリーもバーチャル・リアリティ(VR)のオンラインゲームの世界で、主人公の少年であるウェイド・オーウェン・ワッツらのプレイヤーが縦横無尽に活躍する物語です。

予告編映像を見ると、VRらしく何でもありな世界である上、様々な有名コンテンツが題材として構築されている世界らしく、とてもワクワクとしましたね。

SF映画やアニメといったポップカルチャーに詳しい人ほど、楽しめる要素が多い作品だと予感しました。

こうしたVRのオンラインゲームの世界を舞台とした作品は、日本でも『ソードアート・オンライン(SAO)』の大ヒット以来、人気分野としてすっかり定着した感があります。

そのため、日本のアニメに詳しい人ほどすんなりと受け入れられやすい設定だと思います。

それにしても、日本ではアニメでしか表現できない世界を、実写で作り上げてしまうあたりはさすがはハリウッド映画であり、スティーヴン・スピルバーグ監督だと感心させられますね。

実写で作られたVRの世界がどれほどのものなのか、大いに期待しています。

 

レディプレイヤー1 日本語吹き替え版も楽しみ

 

最新といっても過言ではない作品がテレビで落ち着いて見られるなんて贅沢すぎる、ものすごく楽しみです。

坂本真綾さんは企業の資格側の女性の声を担当するらしい、なにかをたくらみながらも、知的でやさしい声を聴いて映画を楽しみたいです。

とにかく聞きたいです。

そのためには出演回数大目絵でお願いします。

さらに物語もすごいんです。

恋力低めだな、でもすごいんです。

仮想現実で53兆円をかけたz演題未聞の賞金レースが開催、その中にはガンダムなど日本が誇る最強漫画のキャラクターが続々登場して、面白い展開が見る前から確定要素豊富です。

物語の舞台は古いのに時代は現在のすこーしだけ先の未来ありそうでない微妙なラインをついての瀬って、仮想空間で自分の感覚ごとダイブしてゲームを楽しむ世界ももうすぐ実現するかも、すべてのワクワクはゲームの糧から進化するといっても過言ではない。

東京ゲームショウのキャッチコピーが頭をよぎりました。

確かにそんな気がします。坂本真綾さん楽しみです。

画伊賀なのにすっと世界観の特異な空間に楽しめるナチュラルな感じに仕上がっている気がして早見たい。

 

レディプレイヤー1 森崎ウィン ハリウッド映画出演

 

映画やゲーム、アニメにコミックなどなど、既存の人気キャラクターが多数登場するこの映画。

特に日本のゲームやアニメ、キャラクターなどが多いので、公開時から結構気になってました。

しかも、かなりマイナーな作品もフューチャーされてますよね。

日本のアニメ、特撮好きには嬉しいかもです。

VRのオンラインゲーム世界が舞台で、様々なキャラクターになれることが魅力ですが、いざ実写化となると大変ですよね。

関係各所に使用許可を取らなければならないけれど、その数が多すぎる。

許可が取れなければ人気キャラクターでも出せないわけで、ストーリーも変えざるをえません。

実際、原作に出てくる全てのキャラクターが出ているわけではないようですが、原作者も「映画化は不可能」と思っていた作品が映像化出来たのですから、沢山の有名キャラクターが出ているのでしょう。

レアキャラやマイナーキャラを見つけるのも、この映画の楽しみ方かもしれませんね。

日本からは森崎ウィンさんが出演されていますが、吹き替え版では有名声優さんが目白押しなので、そこも魅力です。

 

まとめ

 

似たアニメは日本にあったけど生身の人間がその世界観を体現しているかのような状況にワクワクします。

ガンダムなど日本から世界に発信した漫画が仮想現実の世界に出現して懐かしさと新しさが融合した映像は見ものだと感じます。

そしてもう一つ、出演者の中に森崎ウィンさんが参加していること、公開前には出演していることが話題になっていましたが実際に足を運ぶことがありませんでした。

しかし、ここにきてテレビで見られます。無料動画配信の中ではなかったので楽しみです。

最後に日本語版のキャスト、外画の経験豊富なKENNさんや山寺宏一さんに加えて、私の大好きな坂本真綾さんがヒロイン役に入っているのがものすごくうれしいです。

ゲームの中で経営者がなくなったことで始まった賞金獲得ゲーム運営に不安はないのかと思いながらも53兆円という想像もできないくらいの大きなお金をかけてゲームが得意な人、もしくは普通な人が戦いに行く。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

金曜ロードSHOW! レディプレイヤー1