nhk

歴史秘話ヒストリア, スーダラ節,動画, 植木等7月1日無料視聴まとめ

歴史秘話ヒストリア, スーダラ節,動画, 植木等7月1日無料視聴まとめ

 

2020年7月1日22時30分からNHK総合で放送されます『歴史秘話ヒストリア「スーダラ節が生まれた」の動画(植木等)』についての記事です

 

『歴史秘話ヒストリア「スーダラ節が生まれた」の動画を無料視聴で見たい方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史秘話ヒストリア, スーダラ節,動画, 植木等7月1日無料視聴

歴史秘話ヒストリア /2020年7月1日動画番組内容

 

伝説のコミックバンド「ハナ肇とクレイジーキャッツ」のメンバー、植木等。音楽エリートからジャズの道へと進んだ異色の作曲家・萩原哲晶。闘病を経て、サラリーマン社会をシニカルに見つめる目をもった作家・青島幸男。3人のコラボが生んだ名曲「スーダラ節」だったが、なぜか歌うことを拒んだ植木等。その意外すぎる理由とは?レコーディング当日、意を決した植木が放ったこん身のアドリブとは?貴重な証言で真相が明らかに!

 

歴史秘話ヒストリア キャスト

 

作曲家・舞台音楽家…宮川彬良,サックス奏者…稲垣次郎,娯楽映画研究家…佐藤利明

 

歴史秘話ヒストリア, スーダラ節,動画, 植木等7月1日無料視聴

 

歴史秘話ヒストリアでスーダラ節の誕生秘話が放送されるそうです。

これはなんだか凄く面白そうです。

いつもは歴史のことで難しそうな内容でついていけないのですが、これは凄く見てみたいです。

間違いなくコミックバンドの先駆者がハナ肇とクレイジーキャッツだと思います。

後のドリフターズにも影響を与えたとも言われています。

この曲はサラリーマンのことを歌っている曲ですが、今聴いても全然歌詞が古さを感じさせませんね。

わかっちゃいるけどやめられないという言葉は色々なことに関して共感出来ると思います。

このサビの部分のスイスイスーダラスラスラスイスイスイーという歌詞は全然意味が分からないのですが、子供でも真似しやすいと思います。

私自身この曲のことを知ったのが小さい頃に見ていた子供番組だったのですが、やっぱり子供にもうけると思います。

サラリーマンの曲なのに不思議ですよね。

レコーディングの当日に植木等さんがアドリブをしたそうなのですが、多分この歌詞のことじゃないでしょうかね。

なんとなくそんなような気がします。

ちなみに唄うことを拒んだことがあったみたいです。

唄ってくれて本当に良かったと思います。

いまだにこの曲はCMとかでも使われたりするくらいですからね。

昭和の名曲の一つだと思います。

早くも聞きたくなってしまいました

 

歴史秘話ヒストリア, スーダラ節,動画, 植木等ストーリー性

 

なんとあのスーダラ節の誕生秘話が放送されるということです。
なぜスーダラ節の歴史を放送しようと思ったのかは分からないですが、これはなかなか面白そうです。
焼け跡から立ち上がった男たちが見た日本人の本質ということですが、これはどういう意味なのでしょうか。

スーダラ節を私が初めて聞いたのは幼少の頃です。

幼児向け番組の中でサビの部分だけが使われているコーナーがあったのです。

子供向け番組で使われていたくらいですから、いかにこの曲が大きな影響を色々な場所に与えていたのかということが伺えます。

ハナ肇とクレイジーキャッツ、実は植木等さんくらいしか知らないのですが、このメンバーたちは戦争を経験している世代のようですね。

なので先ほどの焼け跡というのは戦争のことだと思うのです
が、これとこの歌と何が関係があるのかが気になる所です。

でもこの歌が嫌いという人はいないんじゃないでしょうか。

植木さんはアドリブをしたそうですが、まさかこの曲のサビはアドリブだったりするのでしょうかね。

なんとこの曲の作詞はあの青島幸男さんだったということに驚いています。
他にもクレイジーキャッツや植木等さんの曲の作詞を担当しているみたいですね。

 

歴史秘話ヒストリア, スーダラ節,動画, 植木等のみどころ

 

伝説のコミックバンド「ハナ肇とクレイジーキャッツ」のメンバー、植木等さん。
私の年代だと、植木等さんは映画やドラマで見かける俳優さんという印象が強くて、コミックバンドとして活躍していた全盛期のことはよく知らないのですが、それでもテレビ番組などで、「スーダラ節」はたびたび見かけることがありました。
昭和時代を代表する流行歌と言われるほどですから、凄まじい大ヒット曲だったのでしょうね。

そんな「わかっちゃいるけどやめられねえ」がキャッチコピーな、戦後ニッポンを笑い飛ばした奇跡のコミックソングと言われる「スーダラ節」の誕生秘話が今回の特集とな
るようです。

「スーダラ節」について唄い手の植木等さんは知っていますが、その作曲を行った萩原哲晶さんについては正直よく知りません。

しかし、作詞を担当したのが青島幸男というのは意外感がありますね。私の年代だと、青島幸男さんは作家というよりは、東京都知事を務めた政治家というイメージが強かったりします。

 

歴史秘話ヒストリア, 植木等スーダラ節,動画,についてU-NEXT

 

映画やドラマ、アニメなどの映像作品だけでなくて電子書籍も1990円の月額で見放題なのは画期的です。
月額性の契約で見放題である作品の数は業界の中でも一番多く、電子書籍の種類にしても、マンガ、書籍、ラノベ、雑誌まで、大変多くのジャンルを網羅しており、年代関係なく楽しめてしまうすごいサービスです。

洋画と邦画、海外テレビドラマ、国内ドラマやアジアドラマ、懐かしいアニメや最近の大ヒット作品に至るまで、見放題可能作品とレンタル可能作品を合わせれば選びきれません。

子供向けアニメまで豊富に取り揃えてありますので、お子さんがいらっしゃる家庭でも、お出かけする手間を省いてサクッと探してパッと見られるお手軽さはうれしいですね。

NHKオンデマンドまでもが視聴可能で、FOX、HISTORYなどのリアルタイム配信まで取り揃えてあるのがさすがといったところです。

見放題とレンタル作品を合わせて6万作品近くの視聴年齢制限ありの映像作品もあり、年齢関係なく映像エンタメ、本の虫さんをも飽きさせないサービス満点の見放題サイト。

書籍やビデオ、DVDディスクなどで場所をとることもなく、スマホやゲーム機などのインターネットに接続可能なデバイス、お茶の間のテレビをフル活用できて、多くの人のニーズにこたえてくれる魅力が大きいです。

映画のチケットへの交換が可能なポイントの付与のサービスもあるので、とにかくお得度が高いです。

 

歴史秘話ヒストリアの動画ファンの声

 

タイムリーな人間ではないけれど、今もその歌を聞いたら懐かしい気持ちになる「スーダラ節」。その曲調は明るい未来を象徴する、高度成長期そのものを表す曲であったと前々から思っていましたが、どんな時代背景かほとんどわからずに思っていました。

今回、大好きな歴史秘話ヒストリアで取り上げてくださるので、この明るい歌にはどんな面白いエピソードがあるのか楽しみです。

ハナ肇とクレイジーキャッツのメンバーの音楽性の高さや個性あふれるメンバーのこと、進駐軍で歌っていた彼らがどうやってスターダムに乗って行ったのか、そしてスーダラ節という曲から見えるサラリーマンの日常を的確に捉えた歌詞がどうやって作られたのか。

当時、どれほど多くの人のエールになっていたか、東京を首都として発展していく日本がどのようにして経済成長していくのかそういった様を的確抑えた歌詞はどうやって作られたのか。

昭和の懐かしい香りが漂う歌詞が今尚多くの人に愛される理由、そして今の日本に伝えられるメッセージなどがその中から見えてくるのかなとも期待しています。

いつも丁寧な番組として一目置かせていただいているのできっと今回も誰も知らない素敵な物語を紡いでくれるのだと今から楽しみです。

—-スーダラ節が流行ったのは私が6歳の頃です。テレビを点けると、必ずといってよいほど画面の中で大暴れしていた、大人気のクレージーキャッツや植木等の記憶と重なって、このヒット曲はしっかりと私の中に根付いてしまっています。それは少なくとも一番の歌詞は今でも難なく空で唄えるほどです。

きっと学校などで友達とふざけて何度何度も歌っていたのではないかと思います。その記憶があるわけではありませんが、そうでもなければ歌詞がいくら簡単だといっても、半世紀以上経ってなお鮮明にそれを覚えているものではないでしょう。確かに小学校1年生ぐらいの男子がオチャラケで歌いたくなるような、単純でふざけた歌ではあります。

しかし改めてよく歌詞を読ん込んでみると、1961年のこの歌詞の内容が、59年後の現在2020年でも全く不自然さもなく、そのまま100%通用する内容なのには驚かされます。

それだけ人間の本質を見事に突いた、驚くべき普遍性のある歌詞のようにも思えてきます。

番組内容の宣伝で、只者ではないような紹介がされている萩原哲晶と青島幸男が作った曲。

そしてこの楽曲にピッタリイメージの植木等が何故か歌うの拒んだ?いやいや何だか曰く有り気じゃないですか。

おふざけ満載のくせに大いなる普遍性を持つスーダラ節は、どうやらその辺に秘密があるのかもしれません。これはどうでも観なくては納まりません

 

まとめ

 

曲を聞くと植木等さんの姿が目に浮かびます。

このスーダラ節は、記憶の中ではすでに大流行していた曲だったので、どうやってこの曲が生まれたかなど考えもしたことがありません。

今回、そんな子どものころにすでに大流行していたスーダラ節の完成秘話を知ることができるので楽しみです。

植木等さんが歌っていたのは知っていますが、この曲に青島幸男さんがかかわっていたのは驚きました。

青島幸男さんは意地悪ばあさんのイメージがありましたが、まさか俳優から都知事になるとは当時思わなかったです。

そんな青島幸男さんが、どのようにこの曲に携わっているのか知ってみたいです。

また、植木等さんと青島幸男さんは知っていましたが、どんな人物だったのか深く知らないので、この番組を通して2人の人物像を深く知ることができたら面白そうです。

そして、改めてスーダラ節を聞いて、どんな曲なのか再確認してみたいです。

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史秘話ヒストリア, スーダラ節,動画, 植木等7月1日無料視聴