nhk

歴史秘話ヒストリア, 植木等のスーダラ節,見逃し配信/再放送7月1日無料視聴まとめ

歴史秘話ヒストリア, スーダラ節,見逃し配信/再放送, 植木等7月1日無料視聴まとめ

 

2020年7月1日22時30分からNHK総合で放送されます『歴史秘話ヒストリア「スーダラ節が生まれた」の見逃した方で再放送を地上波より早く見たい方への』に記事です

 

『歴史秘話ヒストリア「スーダラ節が生まれた」の見逃し配信/再放送を無料視聴で見たい方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史秘話ヒストリア, スーダラ節,見逃し配信/再放送, 植木等7月1日無料視聴

歴史秘話ヒストリア /2020年7月1日見逃し配信/再放送番組内容

 

伝説のコミックバンド「ハナ肇とクレイジーキャッツ」のメンバー、植木等。音楽エリートからジャズの道へと進んだ異色の作曲家・萩原哲晶。闘病を経て、サラリーマン社会をシニカルに見つめる目をもった作家・青島幸男。3人のコラボが生んだ名曲「スーダラ節」だったが、なぜか歌うことを拒んだ植木等。その意外すぎる理由とは?レコーディング当日、意を決した植木が放ったこん身のアドリブとは?貴重な証言で真相が明らかに!

 

歴史秘話ヒストリア キャスト

 

作曲家・舞台音楽家…宮川彬良,サックス奏者…稲垣次郎,娯楽映画研究家…佐藤利明

 

歴史秘話ヒストリア, スーダラ節,見逃し配信/再放送, 植木等7月1日無料視聴

 

歴史的なヒットソングとして知られる「スーダラ節」の誕生秘話について、いま初めて明かされる隠された真実を知ることができそうで興味深く、面白そうな番組だと感じました。特に、戦後の焼け跡から立ち上がった男たちのストーリーや、自分らしい感性でシニカルに社会をみつめる視点などは、景気が悪く何かと不安が多い現代に生きる私たちに対して、不安を笑い飛ばしながら元気に立ち向かって生きるエネルギーや知恵を与えてくれるように思いました。

近年、以前にくらべて「スーダラ節」自体を、テレビやラジオなどで耳にする機会が減ってきた気がしています。特に、シニアの方たちにとっては、「スーダラ節」は懐かしく、聞くだけで元気がみなぎってくるような曲のようにも思うため、この番組を通して一瞬でもポジティブな気分になるとよいと思いました。

私は現在30代後半で「スーダラ節」を口ずさむことができますが、私の世代が「スーダラ節」を知っている最後の世代のような気もします。

過去のヒットソングの存在自体はもちろんのこと、そのバックグラウンドを幅広い世代に知らせ、残していくことができる番組は、幅広い世代にとって有意義なのではないかと思い、番組に期待しています。

コミックバンド「ハナ肇とクレイジーキャッツ」がなぜ結成されたのかその過程を知るのが楽しみです。

特にメンバーの3人とも個性豊かな顔ぶれなので意見のぶつかり合いなどがなかったのかも気になります。

個人的にはジャズの道に進んだ作曲家、萩原哲晶の葛藤なども描かれるとうれしいです。どういう繋がりで二人と出会ったのかも知りたい所です。

また名曲となる「スーダラ節」を植木等は当初は歌う事を拒んだとも書かれているのでその理由が気になります。

説明では意外な理由だと書いてあるので視聴には予想のつかない考えがあったのかという事も想像できて答えをしれる事が楽しみです。何よりレコーディング当日に放ったアドリブの概要がとても気になります。

できれば本物の映像があればうれしいですが、どういった意味でこん身なのかその文面の意図が知れる事を期待したいです。3人そろって笑っている映像も見られる事も楽しみです。

作家・青島幸男に関してはサラリーマン社会をシニカルに見つめる目を持っていると記されているので、なぜそういった能力を持ったのかその背景が知りたいです。

もともとサラリーマンだったとしたらなぜ、音楽業界に入る事になったのかとても興味が湧きます。その歌詞内容についての説明がある事も期待したいです。

スーダラ節の誕生秘話がNHKで特集されるなんてと胸が躍っています。私は、クレイジーキャッツ世代ではありません。

でも、青島幸雄さんも植木等さんもご存命だった頃で「なんだかおもしろいおじいちゃんたちがいるな」と思っていました。

ある日「ちびまる子ちゃん」を読んで、青島さんと植木さんに深い縁があると知った時は本当に衝撃だったのを今でも思い出します。

単独で活躍されても面白い方たちが集結したからこそ、あのスーダラ節があったのかと衝撃を受けたのです。

特に、メロディとリズム、歌詞とがぴったりはまったところに植木さんのコミカルな動きがハマったサビは、どうしたって名作としか思えません。

今回、作曲をされた萩原さんにも触れてくださるとのことで、失礼ながら私は萩原さんのことは存じ上げません。なのでどんな方だったのかを知りたいと思いますし、青島さんや植木さん、もちろんハナ肇さんとの関わりも知りたいと思うので、これだけでも楽しみです。

また今でもスーダラ節は大好きですし、子どもの頃はあの振りをまねして植木さんの節回しをまねしたほど。それだけに植木さんがこの曲を歌われることを拒否したというエピソードにはもう、予告の時点で「なんで?」と疑問と興味しかありません。

どういう意図で拒否されていたのか?またそれを一転させたきっかけは何だったのか?というところにとても惹かれます。

また、アドリブがあったとのことですが、どの部分がアドリブだったのか?も知りたいです。放送が楽しみな番組に久々会えたなと思います。

 

歴史秘話ヒストリア, スーダラ節,見逃し配信/再放送, 植木等ユーザーレビュー

 

聞いていてついつい笑ってしまう名曲はありますよね。

松平健さんの「マツケンサンバ」が最初に思い浮かんだのですが昭和から平成にかけては普通の歌謡曲ではなくてちょっと笑いを込めた名曲も多いですよね。その中でも代表的なのはやはり「スーダラ節」でしょう。

この曲はお笑いではないとは思うのですが、聞いていると楽しい気分になれるというイメージがあります。のちに生まれる志村けんさんの「変なおじさん」や加藤茶さんの「ちょっとだけよ」の先駆けではないでしょうか。

コミックバンドなのになぜこの曲を歌うことを拒んだの方一番の興味です。コミックとはいえやはり歌手なんだというプライドが邪魔していたのでしょうか。

それとも何かほかの理由があったのでしょうか。素晴らしい作詞家と作曲家が作ってくれた曲なのにという思いもあります。

こればかりは番組を観ないと解りません。

私は「スイスイスーダラダッタ」の錆の部分しか知らないので、すべての部分が流れるのかと思うとこの辺も楽しみでもあります。

この曲をなぜ植木等さんに歌ってもらおうと決めたのかその点も興味があります。

一度は拒否したとのことどのように説得しそして植木等さんがどのようにアレンジしたのかこの曲が生まれて世に出るまでのすべてがこの番組に集約されていると思います。

昭和の曲が大好きな私には観てみたい番組です。

面白そうな所は、「スーダラ節」が、登場したヒストリーを紹介する所です。

「スーダラ節」は、植木等さんが、楽しそうに歌っていて面白い名曲だなと思っていました。

特に歌詞が、面白くてサビが、スイスイスーダラという感じでなめらかに流れて所が、好きです。

サラリーマンの一日を描いたような歌詞でちょっと飲むつもりが、はしご酒になってしまったりする歌詞などサラリーマンの共感を得たと思います。

「スーダラ節」が、3人のコラボで登場したのは、知りませんでした。

青島幸男さんは、テレビで観たことが、あり楽しいトークをしていたのを覚えています。

サラリーマン社会をシニカルにみていた青島幸男さんだからこそ書けた歌詞なのかもしれませんね。植木等さんは、くだけたフインキが、本当に面白いです。

テレビドラマや映画などでも人気者でした。「スーダラ節」は、植木等さんの代表曲でもあると思います。

しかし、この歌を歌う事を拒んでしまったという事でその理由が、知りたいです。

リハーサルで植木等さんの放ったアドリブも楽しみです。

「スーダラ節」のサビで腕をふる動きも植木等さんのアドリブなのか知りたいです。日本の社会を楽しくシニカルに歌っている名曲ですね。

 

 

歴史秘話ヒストリア, 植木等スーダラ節,見逃し配信/再放送,についてU-NEXT

 

U-NEXTは。、20万本から選ぶことができて、ほぼ見放題です。

画像もフルFDの1080p対応で非常にきれいで鮮明です。音も映画館のように非常に高品質の音声です。最近は映画館に行くことができないので、部屋の電気をすべて消して、カーテンしめて、ポップコーンとコーラを用意して、勝手に一人で映画館気分に浸っております。そうしたら、本当に映画を見たような気がしますから本当にU-NEXTおススメです。

毎月の支払いでポイントをもらうことができますので、日本で未公開の映画をポイント使ってみることができます。私がU-NEXT使い続けているのはこれが理由です。

なにを見ていいかわからないときには、ランキングをクリックして、人気のあるのがどの映画かをチェックすることができます。私はそんなにあらかじめどの映画を見たいか決めてから見るわけではないので、このランキングが私にとっては非常に参考になります。

私はまだ使ったことがないのですが、実際の映画館の割引券とかも入手可能のようです。U-NEXTだけで物足りない人は、こういうものを使って実際の映画館に安くいくことができるのも特典の一つでしょう。

 

歴史秘話ヒストリアの見逃し配信/再放送ファンの声

 

今回は1960年代とかなり新しい話で、視聴者の中でリアルタイムで経験した人も数多い新しい「歴史」がテーマとなった回ということになります。さて、スーダラ節は、ハナ肇とクレイジーキャッツ、その中でも植木等さんを大ブレークに導いた歴史的作品ですが、この曲はその後もカバーするアーティストも多く、最近でもCMで使われたりまだまだ存在感の大きな曲であり続けていますね。そんなスーダラ節が生まれるにあたり様々な逸話があったようですので、そのあたりの内容が今回多数紹介されるということなのでしょう。

ハナ肇とクレイジーキャッツはスーダラ節がなくても既にかなりテレビ界、芸能界でかなり大きな存在感を示していましたが、この一撃でさらに絶対的なものとなり、いわば王として君臨するレベルのパワーを得た、そんな作品だったのではないかと思います。

また、作詞を担当した放送作家だった青島幸男氏にしても、スーダラ節以外の作詞曲も大ヒットし、その後の映画監督、作家、そして国会議員、東京都知事と大きく飛躍していく勢いのある時代の作品であり、ピンポイントで人々の心を捉える詞を書くことができていたのでしょうね。

そんなスーダラ節にまつわるエピソードには既に聞いたことがあるものが山程あるわけですが、今回の番組で新しい情報が得られる可能性もありますので期待して拝見したいと思っています。-

 

まとめ

 

植木等さんが所属していたハナ肇とクレージーキャッツはジャズのコミックバンドとして活動していましたが、シャボン玉ホリデー出演後に発売したスーダラ節の爆発的ヒットにより圧倒的人気と存在感を獲得しその後につなげていったグループといえると思います。

その大ブレークのきっかけとなったスーダラ節が生まれる際の数々の逸話が今回のテーマということのようですね。

時は1961年、昭和36年は、大相撲では巨人、大鵬、卵焼きと並び称された大鵬が史上最年少で横綱に昇進した年であり、海外に目をむけるとケネディがアメリカ大統領に就任した年でもあります。

そんな時代においてスーダラ節は、放送作家から活躍の場を広げつつあった青島幸男氏が作詞をし、クレージーキャッツのほとんどの曲を担当した萩原哲晶氏が作曲、そしてカリスマ的人気を獲得した植木等氏が歌うという、最強コラボから生まれた曲でしたが産みの苦しみはあったようですね。今回はその知られざる産みの苦しみが紹介されるとのことで、改めて昭和の大スター植木等さんの活躍を確認させてもらおうと思っています。

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史秘話ヒストリア, スーダラ節,見逃し配信/再放送, 植木等7月1日無料視聴