nhk

never give up on entertainment/動画/あきらめない人々の物語動画無料視聴

never give up on entertainment/動画/あきらめない人々の物語動画無料視聴

 

2020年6月29日22時からNHK総合で『ネバーギブアップオンエンターテイメントあきらめない人々の物語」』が放送されます

 

ネバーギブアップオンエンターテイメントあきらめない人々の物語」の無料動画視聴を、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

never give up on entertainment/動画/あきらめない人々の物語動画無料視聴
 

NeverGiveUpOnENTERTAINMENT「あきらめない人々の物語」 /番組内容

 

コロナ禍、それはエンターテインメント界や、それを志す人にも大きな打撃を与えた。失われていく表現活動の場。状況を打開しようとその場を作り、また直接的な支援に乗り出した人がいた。フリー音源を提供したり、自己資金の2千万円をアーティストの支援にあてた音楽会社代表。自分で作った台本をフリーで演じてもらい、資金を得られるようにした映画監督。そこに集まった人たち。エンターテインメントをあきらめない人々の物語。

 

NeverGiveUpOnENTERTAINMENT「あきらめない人々の物語」 出演者

 

出演
対馬芳昭,渋谷悠,

語り
金子ノブアキ

 

never give up on entertainment/動画/あきらめない人々の物語動画のあらすじ

 

音楽や映画など、エンターテインメント業界の前向きな取り組みについて知ることができそうで、とても楽しみにしています。

まだなかなかエンターテインメント業界は完全に今まで通りというわけにはいかないなか、エンターテインメント業界の人々がどう戦っていくのか、どうやってエンターテインメント業界の未来をつくっていくのかが非常に興味深いです。

そこにはきっと多くの人々のさまざまな想いがあると思うので、人々の気持ちや想いの部分にも注目して観たいです。

私自身、今までたくさん映画や音楽など、エンターテインメントに救われてきたので、エンターテインメントをつくる人々やエンターテインメント業界に何かできることがないかを番組を通して考えられたらよいと思っています。

特に自分で台本を制作し、フリーで演じてもらい、資金を得られるようにした映画監督の話がとても気になっています。

工夫してたくさんの人に楽しんでもらいながら資金を得るというのはさすがエンターテインメント業界をつくる人だと思います。

そのエピソードの裏側がたくさん観れることを期待しています。

タイトルが「あきらめない人々の物語」ということでたくさんの人々があきらめずに頑張る姿に元気付けられそうな番組だと思い、今から楽しみです。

昨今の厳しい情勢下で苦境に陥っていますね。

音楽や映画といった世界は表現活動の場であり、誰かに表現を見てもらうことで収入を得て成り立っている世界です。

しかし、映画館が封鎖され、コンサートも自粛を余儀なくされてしまった現在、多くの関係者が経済的に苦しい状況に追い込まれてしまっているのだと思います。

そんな苦境にもめげずに、状況を打開するための場所を作ろうとした人々や、集まった人々。すなわちエンターテインメントをあきらめない人々の物語とのこと。

登場するのは、フリー音源を提供したり、自己資金の2000万円をアーティストの支援に充てた音楽会社代表、自分で作った台本をフリーで演じてもらって資金を得られるようにした映画監督たち。

そして、こうした支援者の支援を受けて、何とか業界に踏み止まろうと奮闘している人々。

たとえ現在は売れっ子ではなくても、才能を持った人々がたくさんいるであろう世界ですから、将来花を咲かせるためには、現在枯れさせないようにしなければならないと思います。

そのためには私たち一般人にも協力できることはないのか考えたいですね。

 

ネバーギブアップオンエンターテイメントあきらめない人々の物語」動画の見どころ

 

昨今行動が制約されてイベントなどを自由に行えずに苦労していたエンターテインメント業界の方々や、これからエンターテインメント業界を目指していこうとしている人たちが、厳しい状況下にあっても制約の下でできることはないのか?

また状況を打開していく手段はないのか?など、何もできないとあきらめてしまわずに、もがき、試行錯誤を繰り返していた・いる人々の実際の姿を紹介してくれる、そんな番組のようですね。

特に制約により仕事が一気になくなり、日銭で暮らしているような若者にとっては生活そのものが大変厳しい状況が続いていたのだと思います。

そんな状況のもと、私財をなげうって救済・支援することを優先した人、音源や台本などを無償で提供して収入が大きく落ち込んだ人たちの活動を助けた人たちがいらっしゃったようですね。

このような一時的な支援も短期的には有効ですのでそれはそれとするものの、制約がとけても完全な通常生活にはしばらくは戻らないでしょうから、ある程度落ち着いたあとの事業環境にも目配せしてくれるのもいいのでは?と思います。

いずれにしても、この数ケ月、最も苦しんだかもしれないエンターテインメント業界が活気を取り戻していけるよう期待しつつ番組を拝見したいと思います。

NHKで放送される『NeverGiveUpOnENTERTAINMENT「あきらめない人々の物語」』。エンターテインメント業界は世の中の人々に対して様々な娯楽を提供する人が働いていますが、昨今の厳しい情勢下で苦境に陥っていますね。

音楽や映画といった世界は表現活動の場であり、誰かに表現を見てもらうことで収入を得て成り立っている世界です。

しかし、映画館が封鎖され、コンサートも自粛を余儀なくされてしまった現在、多くの関係者が経済的に苦しい状況に追い込まれてしまっているのだと思います。

そんな苦境にもめげずに、状況を打開するための場所を作ろうとした人々や、集まった人々。

すなわちエンターテインメントをあきらめない人々の物語とのこと。

登場するのは、フリー音源を提供したり、自己資金の2000万円をアーティストの支援に充てた音楽会社代表、自分で作った台本をフリーで演じてもらって資金を得られるようにした映画監督たち。

そして、こうした支援者の支援を受けて、何とか業界に踏み止まろうと奮闘している人々。

たとえ現在は売れっ子ではなくても、才能を持った人々がたくさんいるであろう世界ですから、将来花を咲かせるためには、現在枯れさせないようにしなければならないと思います。

そのためには私たち一般人にも協力できることはないのか考えたいですね。

 

NeverGiveUpOnENTERTAINMENT「あきらめない人々の物語」動画について

 

このご時世で、テレビや音楽業界など、エンターテインメントを取り巻く環境が、随分と変化したと感じます。

新しいドラマも軒並み、延期となり、バラエティ番組も、ひな壇が無くなったり、出演者の人数がぐっと減りました。

色々な制限がある中で、テレビのスタッフ、出演者が色々と工夫したり、努力をしているのが、よくわかります。

そんな状況を少しでも良くしようと、音楽会社の代表が2千万円を出したり、フリーの音源を提供したり、みんな本当にこのままの状況を何とか脱しよう、少しでも良くしようとと、奮闘しているのが、よく分かります。

そんな熱い想いもひしひしと伝わってきます。エンターテインメントを諦めない人達が、とても素敵です。

私の中でも、エンターテインメントは、生活になくてはならないもので、無いと人生の楽しみが半減するくらい、大好きなものです。

カラーだった人生が、モノクロに変わってしまう様な、、。

実生活で、嫌な事があっても、エンターテインメントを見たりして、大口を開けて、何も考えずに笑ったりする事で、ストレス発散になっています。

時には、素晴らしい音楽を聴いて、感動したり、私の人生において重要なポジションにあるので、エンターテインメントは、無くしてはいけないと、私もエンターテインメントを諦めるのは嫌なので、とても応援したいです!

確かに今回の件でエンタメ界隈は大変だったとよく聞きます。

有名なアーティストの方々がどんどんと発表するコンサートの中止の裏では、小さなバンドグループが演奏するようなライブハウスが次々と閉鎖されていったという話。

また知名度のないお笑い芸人の方が営業に行けず収入がゼロになってしまったという話。

そんなメディア露出の少ない方への打撃は、一般人と変わらないくらいに強かったと思います。

今まで売れずにも活動を続けてきたような方々の中には、今回の件を受けて夢を諦める決断をした方もいるのではないでしょうか。

しかし、そこでむしろ諦めないで頑張るところだ、と考えて実際に行動に動ける人たちがいた、という話を聞いただけでもう人としてのレベルの違いを感じさせられます。

そして自分を表現していかないと生きていけないような方もいるのかな?と思います。

普段から経済的に困っている場合だと、この件の影響は相当なモノなはずなのに、「無料」でも良いから何か出来ないかと自分なりに動ける人たちを私は尊敬します。

そういった方々の実際の姿を放送を通じて観られるんですね。

この放送をきっかけに視聴者にパワーを与えるだけではなく、活動自体が良い方向に向かっていってほしいなと思います。

観ているこちらもドキドキしそうな番組ですね…。

緊急事態に迫られた時、一瞬にして今までの状況が一変してしまう中、映画業界も音楽業界もそれまで普通に行われていた活動の場が奪われてしまうことがあるという危機に立たされたのではないでしょうか。

そんな中、多くのアーティストの方々が困惑したと思います。

今まで通りのことをやってはいけないと言うことは、全く違う別のやり方を模索しなければならないと言うことでもあるわけで、まさにゼロからの挑戦という先の見えない果でしない状況に陥った時、人々に感動を与えるエンターテインメントに携わる人たちがどのようにその局面を乗り越えたのか、とても興味深いところだと思います。

音楽や映画を手掛ける人たちの情熱はとても熱いものがあり、人々にこの素晴らしい作品を届けようという熱意が、どのような形でエンターテインメントに関わる人たちを動かして行ったのか、どれだけの人たちがそれぞれの作品にを世の中に届けるために力を注いだのか?具体的なその手法は一体どんな物だったのか?など、その熱い思いを共有できそうなところも見どころの1つと言えそうです。

「あきらめない人々の物語」とあるように、そこに集った人たちの本気の姿を目の当たりにできそうなところに期待したいです。

番組内容を読んだだけですでに興味深いです。

私は音楽が好きで、最近は行けていないですがライブハウスも好きなので、ぜひ見てみたい番組です。

こういった業界がダメージを受けるのは、趣味で音楽を聴いているだけの人間にとってもインパクトが強いため、音楽業界で働いている方々にとっては私が想像するよりも大変なことなんだろうと思います。

そんな中で奮闘している方々は本当にたくましいし頼もしいです。

ライブハウスを支援するプロジェクトについては1つ知っているものがありますが、その他はあまり知らないため、この機会に知りたいなと思います。

エンターテイメントなので、楽しさも伴った取り組みを知ることができると思うので、面白そうです。

ライブをできる場所が減ると次世代のバンドが出てきづらくなるし、ライブ会場に足を運んで音楽を楽しむのは楽しくて、非日常な空間を味わえるのは貴重なことだし、無責任ではありますが色々と期待してしまいます。

また、映画については、テレビで放送されていたら見て楽しむ程度なのであまり詳しくはありませんが、今までの形だと人と人との接触等も多いだろうし、変えていかなければいけないことが多そうで、大変そうに感じます。

こちらも様々な取り組みを知ると面白そうです。

 

NeverGiveUpOnENTERTAINMENT「あきらめない人々の物語」動画配信ナビゲーション

 

この生き抜くのに何かと苦しい世の中で、エンターテイメントの世界の人たちがどのような過ごし方をしているのかとても興味を持ちました。

役者さんやミュージシャンの人たちも、公共の場での活躍の場がなくなり、その道を志す若者の中には夢を諦めた人もいるかもしれません。

夢を諦めかけてる人たちや、とにかく今を生きるためにいちど夢を諦めた人たちに大木な力を与えてくれるのではないかと期待ぎ沸きました。

活躍の場がなくなり路頭に迷う人たちを支えようと手を挙げてくれた人たちがいる。

新聞やニュースでは報じられないこういった人間同士の支え合いや努力が映像として見られるのは大変楽しみです。

どんな言葉をかけて励まし合ったのか。

どんな想いでこの苦しい世の中を生きているのか。どんな覚悟で生き抜こうとしているのか。

そういった泥臭い、綺麗事ではない、人間らしい内から出る本音の感情、必死になって頑張っている姿を想像し、今から放送の日が待ち遠しいです。

日頃から人との関わりやふれ合い、助け合いなどを大切にしてきた人には、それが倍以上になって返ってくるんだろうなと、こういう時代になってしみじみ思います。

ここで役者さんやアーティストの人たちを支えようと手を挙げてくれた人たちは、本当の仲間ですね。放送の日を楽しみにしてます。

エンターテイメントって、微妙な立ち位置です。

それが無ければ生きていけないわけではないけれど、確かに私達の生活や感情を豊かにしてくれます。

エンターテイメントの役割をどの程度評価するかは人によって全然違うと思います。

私は個人的には、エンターテイメントが好きですし、生活に不要とは思いません。

しかし、まずは食べていける、生活に不安がないという前提あっての存在なのです。

エンターテイメントで空腹は満たせませんので…。

そしてこの世界の非常事態という状況下で、当然エンターテイメントに対する支援や配慮は後回しにされがちです。

しかし、その世界が全てであり、その世界に生きる人たちにとっては死活問題です。

いつになったら以前のような営業や活動をできるのか、或いはその世界で生きることじたいを諦めた方がいいのか…。

残念ながら、答は誰にもわからないと思います。

それだけ、前代未聞の事態なのです。

何が正解でどうしたら生き残れるのかもわかりません。

そうしたなかで、この番組で紹介される方々は自分達で動き出した人達です。

初めから誰かにどうにかしてもらおうという期待がなかったのか、あるいは待ちきれなくて自ら動き出したのか…。

いずれにしても、自身が生きる世界での覚悟や執着を感じます。

どうにかして生き残りたい、業界を残したいという気持ちです。

諦めないその姿に、きっと私は勇気をもらうと思います。

今までのビジネスモデルが一切に役に立たなくなっており、なかなか新しいビジネス形態を見いだせない今のこの世の中、新しいビジネス形態を見出そうとしている人たちにヒントになりうるような番組になることを期待します。

確かに今の時期はただモノを使って、売ろうとすればいいというわけではありません。

売り方をちょっと変えればいいなんてなまやさしいものではありません。

商売に関しては、何かしら根本的に、また抜本的に最初から変える必要があるでしょう。

どうしてもエンターテイメントというのは、それがなくても生きていくことができるわけですから、衣食住関係のものに比べて、政府の支援も後回しになり、また人々の関心も薄い傾向があります。

非常に逆風に吹いている中で、それに立ち向かっている人というのは、非常に勇ましく見えますし、うらやましくも見えます。

ただ正直難しいことだらけでしょう。

それを知っている上で、今回の番組の主人公の人たちは立ち向かっているわけですから、どのような困難があって、どのように克服し、いかに成功に結び付けていくのかをしっかりと見たいと思っています。

それで何かしら私自身も勇気をもらうことができればいいなと思っております

 

まとめ

 

エンターテイメント業界が今、危機に立たされています。

エンターテイメントが行われる場所はほとんどが三密であるため、演劇やコンサート、お笑いの寄席など全ての公演が中止になりました。

緊急事態宣言前からこの状態はつづいており、エンターテイナーたち、これから目指す人たちは苦悩の日々を過ごしています。

緊急事態宣言解除後は徐々にマスク着用義務、ソーシャルディスタンスを保つ、アクリル板を活用するなどして再開させてはいますが、まだまだ一部の劇場だけのようです。

私たち人間にとって生きていくには必要ないと思われがちなエンターテイメント業界。

しかし、こんな時代だからこそ、必要なのではないかと私は思います。

心が不安でたまらない時、現実逃避できるお芝居や映画、コンサートやお笑いは心に喜びをもたらしてくれます。

精神安定にも繋がります。

そんなエンターテイメント業界を諦めずに支え、盛り上げて行こうとしている方々が出演されるみたいですね。

凄く楽しみです。

もし、観ている私たちにも何か出来ることがあるなら、ぜひ協力したいです。

私にも落ち込んだ時、悩んでいる時、元気を与えてくれたアーティストがいました。

彼のライブに行くと「よーし!来年のライブまで頑張るぞ!」と思えました。

なのでエンターテイメント業界に負けてほしくありません。

必ず完全復活すると信じています。

 
NeverGiveUpOnENTERTAINMENT「あきらめない人々の物語」動画無料動画pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)で見れないです

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

NeverGiveUpOnENTERTAINMENT「あきらめない人々の物語」無料動画