nhk

never give up on entertainment/あきらめない人々の物語見逃し配信/再放送/無料視聴

never give up on entertainment/見逃し配信/再放送/あきらめない人々の物語見逃し配信/再放送無料視聴

 

2020年6月29日22時からNHK総合で『ネバーギブアップオンエンターテイメントあきらめない人々の物語」』が放送されます

 

ネバーギブアップオンエンターテイメントあきらめない人々の物語」の無料見逃した方や再放送がないので、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

never give up on entertainment/見逃し配信/再放送/あきらめない人々の物語見逃し配信/再放送無料視聴
 

NeverGiveUpOnENTERTAINMENT「あきらめない人々の物語」 /番組内容

 

コロナ禍、それはエンターテインメント界や、それを志す人にも大きな打撃を与えた。失われていく表現活動の場。状況を打開しようとその場を作り、また直接的な支援に乗り出した人がいた。フリー音源を提供したり、自己資金の2千万円をアーティストの支援にあてた音楽会社代表。自分で作った台本をフリーで演じてもらい、資金を得られるようにした映画監督。そこに集まった人たち。エンターテインメントをあきらめない人々の物語。

 

NeverGiveUpOnENTERTAINMENT「あきらめない人々の物語」 出演者

 

出演
対馬芳昭,渋谷悠,

語り
金子ノブアキ

 

never give up on entertainment/見逃し配信/再放送/あきらめない人々の物語見逃し配信/再放送のあらすじ

 

割とバッドなニュースや、残酷な光景、何か事件があれば、怖いですね、専門家の意見はどうだ、など一人ひとりがどういった心がけをするべきかなどのアイディアや具体案も出さず、ただただ世間の反感やネガティブな感情を煽らせるような情報が流れることが多かった中、窮地をどう乗り切ったかというドキュメントや場面は、ひたすらテレビなどの情報メディアに乗せて国民に届けるべきだというのが私の考えなので、NHKの着眼点には感心するばかりです。

今回、外出が規制された状況を強いられただけでなく、緊迫感に常にさいなまれるような日常に浸っていた期間が長かったのもあり、落ち込んだり苦しみにとらわれる前に、打開策や気持ちの持ち方を変えてみるのも大事だよね、と思わせてくれるような番組内容になるのではないかと期待しています。

エンターテイメントは、世界で重んじられるいわば文化といっても良いと思うので、日本が誇るエンタメ業界の窮地からの這い上がる姿を惜しげもなく見せて欲しいところです。

今回取り上げられる音楽会社代表の姿勢も映画監督の試みも、それぞれ個人だけでは成し得ないことであり、そこに集まった人たちの姿も写るとのことなので、まさに日本が一致団結の時をとうとう迎え、進撃に意識を変えていくことを必要とする事を教えてくれるのではないかと思います。

現在多くの人にとって苦しい日々が続いています。

働きたくても働かせてもらえない職業もありますし、何もしなければ資金は枯渇していく、本当に苦しい連鎖の連続です。

このような状況の中、一人の音楽会社代表が立ち上がります。

自己資金2000万円を音楽業界で働く方のために寄附をするというのです。

そんな太っ腹なことをする方ですから、誰もが知る有名な方かと思いきや、少なくとも私は知らない方でした。

決して潤沢な資産家とは限らないような方が、そんな大それたことをやってしまったのです。

では何をもって寄附に至ったかですが、寄附を発表した際に、メッセージも合わせて公表していますが、とにかく熱い想い、そして全ての音楽関係者に対する厚いリスペクトを感じずにはいられないほど、思いの丈があふれんばかりに伝わってきました。

まさにこれだと思います。

今回の寄附は、音楽業界=エンターテイメントとの勝手な線引きをされ、遊び人扱いされており、対応も後回しにされ、なかなか理解してもらえない弱い立場の同業者たちに手を差し伸べた形ですが、この放送を音楽関係者が見たら、間違いなく勇気と希望がもらえる、そんな暖かい放送に期待せずにはいられません。

困難な時代や次期の中で生き残って行くことは決して簡単なことではありませんが、その中でも人が助け合っていく大切さを学ぶことができると思います。

エンターテイメントという笑いの要素も含まれるようなジャンルに懸ける人たちの姿は周りに力を与えるでしょう。

支え方も色々だと思いますが、大きな犠牲を伴う金銭的なサポートをした方の想いや、その想いに至った経緯などには興味がありますし、違ったジャンルの方々が、無償で助けることに関わっていく具体的なプロセスと、もし何か葛藤があったのであればぜひ見てみたいと思います。

普通どおりに出来ないことが当たり前というのはいつも経験出来ることではなく、今回の困難は震災などの自然災害ともまた違い、いつどおなるか誰にも分からないものです。

終わりが見えない中で、エンターテイメントに関わる本人たちはどのような思いだったのかにも興味があります。

そこにしがみつきとにかく模索する姿や、新しい道へと変えざるをえないような状況の人、諦めなければならないような所を通っている人の心の声を聞いてみたい。

また、必ずしも必要と見られ難いようなエンターテイメントの世界を助けようとする方々は、一体何を思うのか。

そしてなぜ、諦めさせまいと動くのかも興味深いです。

大きな劇場は「売り切れ」の札がチケット売り場にあったにもかかわらず、1か月はある公演が途中で中止になり、プラチナチケットを持っていたファンは落胆し、公演出演者やスタッフは行き場のない怒りと悲しみに襲われ、興行関係者はチケットの払い戻しに大わらわでした。

いつも大きな役が付く俳優たちは今すぐ生活に困ることはないでしょうが、今回は良い役を貰えた人やこの作品でデビューすると言う若手もいただろうと思います。

私も苦労して取った公演が幾つも中止になってしまい泣いたファンの一人です。

感染の情報が出始めたり、蔓延しそうな情報があったりと日本だけでは無く世界中が大混乱でした。

自粛期間に入って息苦しくなった時はせめて映画館に行きたいと思いました。エンターテイメントは贅沢品。無くても死なないけれど、心の渇きを潤してくれる砂漠の中の一杯の水です。

一杯水を飲めばもう一杯、次はジュースが飲みたいもっと色んなものが飲みたいと贅沢になってしまいます。

状況が落ち着けば観客は戻ってくるでしょうけど、それまで劇団や劇場が持つのか心配になります。エンターテイメントが充実している時は、平和な証拠です。

諦めないでください。

 

ネバーギブアップオンエンターテイメントあきらめない人々の物語」見逃し配信/再放送の見どころ

 

世界的大流行の感染症のせいで大打撃を受けている所はたくさんあると思います。

観光業などもそうですし、廃業してしまった旅館などもあるということです。

しかし、最近になって観光地には人が戻ってきましたが、まだまだ厳しい状態にあるのはライブや舞台などの仕事をしている人ではないでしょうか。

どうしてもこのようなイベントになると、人がたくさん集まるので密になりやすいです。この前あるバンドが実験的に行ったライブの映像をニュースで見ましたが、ライブハウスにあまりお客さんが入っていなくて、これって私たちが知ってるライブじゃないよなと思いました。

無観客ライブをしている人たちは既にいますが、ずっとこのままでは食べていくことが出来なくなると思います。

この番組では困難な状態でも諦めない人たちを追ったということです。

フリー音源を提供したり、台本をフリーで演じてもらったりというのは、具体的にはどのような意味なのかは番組を見てみないとわかりません。

でも誰かがエンタメ関係の人たちに支援をしているということですよね。

自己資金2千万円をアーティストの支援にあてた方もいるということで本当に凄いなと思います。けどそれは絶対にエンタメ業界を潰してしまってはならないという想いが強いからなのかも知れないですよね。

お金持ちの人だけではなく、エンタメが好きな私たちも小さな支援を何かしらして応援してあげることが大事だと思います。

–この番組では絶対に諦めない人たちのドキュメンタリーということです。

私も絶対に諦めてはいけないと思いますし、必ず元通りになる日はやってくると信じています。今エンタメ界はほとんどの人が頭を抱える問題に直面していることでしょう。

私が好きなバンドも予定されていたツアーの日程を組もうとしているものの、まだ調節が上手くいかないみたいです。

そこで初めて有料のオンラインライブを今度開催することがやっと決定しました。

支払い方法の関係で私はライブを見ることが出来ませんが、その代わりグッズを通販したりして応援しています。

困っているエンタメ業界の人たちの為に、無償で支援をしている心の優しい人たちもいるものですね。凄く素敵だなと思います。

私はこの番組に登場する人のように大きな支援をすることは出来ませんが、小さな支援は出来るようにこれからも続けていきたいです。皆さん今は辛いと思いますが、明けない夜はありません。復活できることを信じていて欲しいです

 

NeverGiveUpOnENTERTAINMENT「あきらめない人々の物語」見逃し配信/再放送について

 

昨今の厳しい状況の中で色々な所が苦しんでいるわけですがその中で注目されるのがこの番組では音楽や映画界。活躍の場が失われてきてしまい非常に苦しんでる人が多いということでその場を作ろうとした人たちの物語。エンターテインメントを目指す物語になります。

失われていく表現活動の場をこれからどのようにして行けば良いのかということを考えさせてくれるような番組になってくれるのではないかと期待したいところです。

見るところとしては、実際こういうことをしなければならない状況とかあるいはしようと考えたときにどのように行動するべきであるのかという指標になったりするとありがたいです。

単純に支援をするというのではなく、そこからきちんとをビジネスとしての利益を見込めるようなほどの計画であるのかどうかというところを私はかなり注目してみたいと思っています。

つまりは、単純にその人たちが何かを表現できるかだけを提供するのかそれともきちんと利益につなげられるような形でのパフォーマンスを見せてくれるのかというところが私としてはかなり気にしたいところです。単純にお金を出して場所を提供するだけの程度の話ではないということであることを祈ります-

 

NeverGiveUpOnENTERTAINMENT「あきらめない人々の物語」見逃し配信/再放送配信ナビゲーション

 

-本当に今はどこの業界も大変ですよね。表現の業界は特別ですよね。コンサートは出来ない。レコーディングも出来ない。舞台に立つことも諦めなければならない。もちろん稽古もダメ。今はYouTubeで配信するという手もありますが、やはり舞台や音楽は生で聞いてこそ価値のあるのもだと思います。演技者や歌手の皆様もそのことに一番のやりがいを感じているでしょう。今は表現の世界で生きる方々はさぞやもどかしい気持ちでいっぱいだろうと察する事しかできません。

アーティストにお金を支援したというのは多分コンサート等をしないと収入がない人たちの為だろうと思いますが、表現の世界で生きる人達は舞台に立てないと収入にも息詰まるんですよね。

才能のある人たちに夢を諦めてほしくない。表現の世界で生きていって欲しいという代表や監督。そしてそれに共感してついていくことを決意する表現者たち。

お互いの思いが一致したからこそ生まれる絆がこの番組では描かれるのでしょう。私が一番注目しているのはその点です。

でも辛い時期は必ず終りが来ます。そう信じて表現者たちを温かく見守る目線と言っては偉そうですがそんな目線でこの番組を視聴したいと思います。

そして早く舞台に立てる日が来ますように。そうすればきっと素晴らしい恩返しができます。

—物事には、好きだけど状況によってあきらめなくてはいけないこともあります。

もし、あきらめなくてはいけない状況でも希望を捨てずに頑張るためには誰かの手助けが必要となります。

今回は音楽や映像などのエンターテイメントの世界で頑張っている人たちの希望の光を消さない為に、業界で大物と言われるような部類の人たちである音楽会社の社長や映画監督が支援してくれて困難を乗り切ろうとします。その音楽会社の社長や映画監督のような立場が上で権力やお金がある人が、立場の弱い人やお金に困っているような人のために一肌脱ぐという話、とても好きです。その行動は人によっては偽善者と思う人もいるかもしれませんが、自分は行動する力も知識のあるのに何もしない人よりも好感が持てます。

自分に出来ることを全力で行動する人はかっこいいと思います。今回は、この番組でかっこいい大人たちを見られるのが楽しみです。そして、エンターテイメントの世界で困難に立ち向かい頑張ろうとしている人たちの姿を見られることを楽しみにしたいと思います。

 

まとめ

 

面白そうな所は、エンターテインメントの活躍の場をあきらめずに皆で打開策を考える所です。

最近は、やライブなどエンターテインメントの世界が、奪われそうになっていてどうなってしまうのかもどかしかったのですが、アクリル板を間に入れて漫才をしたりする姿をみて工夫すればエンターテインメントを楽しめるのではないかと嬉しくなりました。

エンターテイメント業界を支援しようとする人達の動きもあり今後の活動にも期待が、持てそうですね。

エンターテイメントの世界で働く人達が、表現する場を制限されてしまうのは、とても切ないです。

皆でアイデアを絞ってエンターテインメントの現状を打開していかなくては、いけないと思いました。

注目は、映画監督が、自分の台本で自己資金を得た話です。

台本で自己資金を得るアイデアは、驚きました。

映画やドラマの制作も思うようにいかずにロケ中止になってしまったりする話を聞くと今後のエンターテイメントを続けるためにどうしたらいいのかと切なくなります。

しかし、エンターテイメントが、あるから楽しめたり感動出来たりするのでやはり観客の立場からもエンターテイメントは、必要だと思います。

舞台ならではの臨場感や迫力を観るという経験を簡単にあきらめてはいけないなと思いました。

 
NeverGiveUpOnENTERTAINMENT「あきらめない人々の物語」見逃し配信/再放送無料見逃し配信/再放送pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)で見れないです

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

NeverGiveUpOnENTERTAINMENT「あきらめない人々の物語」無料見逃し配信/再放送