nhk

NHKスペシャル,戦国,見逃し配信,無料視聴西城秀樹 第1回配信6月28日情報

NHKスペシャル,戦国,見逃し配信,無料視聴西城秀樹 第1回配信6月28日情報
 

2020年6月28日21時からNHK総合で『NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」』が放送されます

 

NHKスペシャル 戦国【西城秀樹】を見逃した方や6月28日無料視聴できるサイトは(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

NHKスペシャル 戦国見逃し配信西城秀樹見逃し配信配信6月28日無料視聴できるサイト
 

NHKスペシャル 戦国 /番組内容

 

世界各地で「日本の戦国時代」に関する発見が相次ぎ、大航海時代のヨーロッパと日本が強く結びつき、地球規模で歴史を揺るがしていた事実が明らかになってきた。第1集は、織田信長と豊臣秀吉の時代。ヨーロッパの16世紀の文書が公開され、信長・秀吉と、来日したキリスト教の宣教師、そして背後にいたポルトガルやスペインとの深い繋がりが見えてきた。それぞれの思惑と、しれつな駆け引きを描く。ナビゲーターは西島秀俊さん。

 

NHKスペシャル 戦国 出演者

 

司会
西島秀俊,

出演
前川泰之,

語り
礒野佑子

 

NHKスペシャル 戦国見逃し配信西城秀樹見逃し配信配信6月28日ストーリー

 

戦国時代というと、歴史ファンも多い時代だと思います。
また、人気戦国武将の名前も多く挙げられます。特に、織田信長や豊臣秀吉は必ず教科書に登場するし、歴史が苦手なひとでも知らないひとはいないというくらい有名です。

今回の放送では、まさにその織田信長や豊臣秀吉の時代が取り上げられます。

大航海時代のヨーロッパとの結びつきも強まり、世界が大きく動く時代のようです。

キリスト教の宣教師の来日や、ポルトガル、スペインとの関係など日本国内だけではなく世界と深く繋がっていきます。「外交」というと政治的駆け引きを連想しますが、この時代から彼らによって様々な駆け引きが行われていたようです。それぞれの思惑が絡み、時代が動いていきます。

やはり、歴史ってなんと熱いドラマなのだろうかと思います。おそらく、今現在も様々な文献や資料などから研究がなされ、新たな事実が次々に判明していると思います。

でも、それももしかするとごく一部であり、隠れたエピソードや事実が明らかにされるのを、そっと待っているような気がしてなりません。

歴史とはロマンだと思います。私達の生きているこの時代よりずっと昔に起こったことが少しずつ紐解かれていき、そこには一人一人の人生があるのですから。

 

NHKスペシャル 戦国見逃し配信西城秀樹見逃し配信配信6月28日みどころ

 

歴女」などの言葉に代表されるように、今や空前の日本史ブームが到来していますが、その中でも特に戦国時代ファンにとって、とても興味深い番組がNHKスペシャルで放送されます。

これまでの日本独自の視点から考える戦国の世ではなく、地球規模の歴史から日本の戦国時代の新たな姿を描いていこうという番組です。

今までとは違った新発見があるかもしれませんね。

今回は、戦国武将人気ナンバーワンの織田信長、豊臣秀吉と、来日したキリスト教の宣教師たちにスポットを当て、ポルトガルやスペインなどのヨーロッパ諸国で繰り広げられた熾烈な駆け引きを描くようです。これは期待出来そうな内容ですよね。

昨今、世界各地で「日本の戦国時代」に関する発見が相次いでいるそうです。それらの資料から大航海時代のヨーロッパと日本が強く結びつき、地球規模で歴史を揺るがしていたという驚くべき事実が明らかになってきました。

日本以外の国々の記録から、知られざる日本の歴史が紐解かれていくなんて、なんだか不思議な気がします。戦国時代の日本と、大航海時代のヨーロッパとの間には、いったいどんな深い繋がりがあったのでしょうか。気になりますよね。

 

NHKスペシャル 戦国西城秀樹見逃し配信配信6月28日みんなの感想

 

最近、また歴史にはまっているのですが、私は外国人から見た日本にとても興味を持っています。

なので外国人宣教師の本国への報告が、新しい資料として発見されたというのはとっても興味深いです。

表題を見るに、大航海時代のスペインやポルトガルがキリスト教布教と結託して世界征服を狙っていた、例のあの頃だろうなと思い当たりました。

たしか信長は珍しもの好きでキリスト教布教にも寛大だったが、秀吉は奴隷とかがネックで伴天連追放令を敷いてキリスト教を禁止にもっていったのではなかったかな。

こういってはなにですが、日本の史料って古文書で漢文でと、かなりハードル高くてまず読めるかどうか、かなり難しい、そして分をそのまま読んでもらえばだいたいの意味は分かるけど、実感としてピンとこないんですよね。

先日も検索していて、笑止千万というのが、今と違って笑えないほど深刻だという意味だとか、手紙の中で偉い人を呼び捨てもありだった(たしか秀吉が本能寺の変後、信長と呼び捨ての手紙が見つかっていて、傲慢な秀吉といわれてたけど)など、生半可な知識では読めないことがつくづくわかりました。

が、ヨーロッパの言語は主語述語がはっきりしている市、日本のことを知らないヨーロッパ人に向けての説明もあるので、翻訳してもらえばけっこうわかりやすいんですよね。

なので、意外な事実があきらかになるんだろうなと、またマリコさんに良い番組を教えてもらって感謝しつつ録画して見せていただくことにしますね。

 

NHKスペシャル 戦国西城秀樹見逃し配信配信6月28日ユーザーレビュー

 

信長・秀吉の時代にキリスト教布教のために南蛮人宣教師が来日してきた背後には、
最終的にスペインやポルトガルの侵略的野望があったことは、
インドや東南アジアでの彼らの行動を振り返れば明らかです。
またレコンキスタの流れを汲むキリスト教布教と領土的野心が合体した大航海時代の過程を見ても、
そのことは今更に大発見でもなかろうと思います。

そうすると「秘められた征服計画」とは何なのでしょう。

当時の日本は各地領主の武士たちが武力衝突を始終繰り広げており、いわば軍事国家の合衆国のような国でした。

その軍事力はスペインやポルトガルにも遜色ないものだったはずです。

如何せん、南蛮国のように国王の下に統一された国家ではないので総合的な軍事力では敵わなかったかもしれませんが、
武力征服が簡単でなかったのも事実でしょう。

そんな戦国日本を征服するための秘策が何か見つかったのでしょうか。

それとも逆に信長が朝鮮や東南アジアを征服する意思を持っていたという証拠が発見されたのか。
信長が親しく南蛮宣教師に接し優遇したのは、
朝鮮や東南アジアなど海外情勢や遠洋に乗り出す航海術などの、海外派兵のための情報を得るためであり、
秀吉の朝鮮出兵は信長の秘めたその夢を現実化したものだという説もありますから。

 

まとめ

 

面白そうな所は、戦国大名と大航海時代のヨーロッパの関係を紹介する所です。
戦国時代に日本に船でヨーロッパから来日してくるなんて戦国大名も驚いたと思います。
日本以外の国が、あるという事を面白がっていたのは、織田信長かなと思います。
織田信長は、来日した宣教師の話を興味をもって聞いていたのでグローバルな考え方をもっていたと思いました。
コンペイトウなどのお土産を持ってきたという話も改めて知りたいです。

織田信長について宣教師が、どんな人物だったのか記している文書なもあるのでそこから当時の戦国大名と宣教師の関係や話し合われた事なども知りたいです。

注目は、来日した宣教師の目的です。

ポルトガルやスペインが、繋がっていたようなので何か考えが、あって来日したのだと思います。
今回は、番組で熾烈な駆け引きも紹介するので楽しみです。
楽しみな所は、大航海時代のヨーロッパと日本が、結び付き地球規模で歴史を揺るがす所です。

地球規模で揺るがすほどの結びつきが、あったとは、どういう事なのか興味深いです。
ヨーロッパと貿易でもしようと考えていたのかなと予想します。

豊臣秀吉は、ヨーロッパに対してどんな接し方をしようと考えていたのか知りたいです

 
NHKスペシャル 戦国西城秀樹見逃し配信配信6月28日pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)で見れません

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

NHKスペシャル 戦国西城秀樹見逃し配信配信6月28日