nhk

NHKスペシャル,戦国,再放送,西城秀樹/第1回6月28日無料視聴できるサイト

NHKスペシャル,戦国,再放送,西城秀樹/第1回6月28日無料視聴できるサイト

 

2020年6月28日21時からNHK総合で『NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」』が放送されます

 

NHKスペシャル 戦国【西城秀樹】を再放送がないため、放送後今すぐ6月28日分を無料視聴できるサイトは(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

NHKスペシャル 戦国再放送西城秀樹再放送配信6月28日無料視聴できるサイト
 

NHKスペシャル 戦国 /番組内容

 

世界各地で「日本の戦国時代」に関する発見が相次ぎ、大航海時代のヨーロッパと日本が強く結びつき、地球規模で歴史を揺るがしていた事実が明らかになってきた。第1集は、織田信長と豊臣秀吉の時代。ヨーロッパの16世紀の文書が公開され、信長・秀吉と、来日したキリスト教の宣教師、そして背後にいたポルトガルやスペインとの深い繋がりが見えてきた。それぞれの思惑と、しれつな駆け引きを描く。ナビゲーターは西島秀俊さん。

 

NHKスペシャル 戦国 出演者

 

司会
西島秀俊,

出演
前川泰之,

語り
礒野佑子

 

NHKスペシャル 戦国再放送西城秀樹再放送配信6月28日ストーリー

 

NHKスペシャルというだけで、番組のクォリティは間違いないので期待大です。

ただでさえ潤沢な資金を持つNHKの、しかも他の局では金をかけてまでやろうとしないような題材を、豊富な取材量を元に大金をかけて作られる番組ばかりですので、今回の番組も楽しみです。

今回の題材である戦国時代はどこを切り取っても面白い時代で、しかも話題性が一番あって謎も多い織田信長に関することから、ということで注目しています。

日本の戦国時代に関する話は大抵日本から、日本人目線から考えられた内容がほとんどだと思いますが、今回のNスぺは海外ヨーロッパからの目線で戦国時代の状況や背景が見られそうなので、その点も興味深いです。

ヨーロッパの16世紀の文書が公開されたということで、これもどんな内容なのか非常に気になります。日本目線ではなくヨーロッパ目線で書かれたものだと思うので、日本人の偏見がない違った目線や考え方、また事実などが明かされるのか、楽しみです。

また、地球規模で歴史を揺るがしていた事実とは何なのか。この点は全く想像できません。

500年近い前の島国である日本が世界に与えていた影響は一体何なのか、信長関連でのことなのか、日本の文化や歴史に関することなのか、これも凄く気になります。

 

NHKスペシャル 戦国再放送西城秀樹再放送配信6月28日みどころ

 

日本というのは島国であるため、交通の便が発達した今とは違い昔、ましてや戦国時代にいたってはあまり外国と関わりがあったかどうかを深く考えてきませんでした。

もし関わりのある外国があったとしてもせいぜいアジア圏を思い浮かべるぐらいの認識しかありませんでした。そのため今回の番組で実は戦国時代にヨーロッパと深い関係があるということにとても驚き、同時に一体どのような関係があったのか、どのようなものが世界で発見されてるのかとても面白そうだと思いました。

今回の番組で取り上げられるのは織田信長と豊臣秀吉の時代だそうですが、言われて見れば織田信長の鉄砲など確かにヨーロッパとの結びつきがあるのはうなずけます。

けれど正直それは極一部のつながりだと思っていたため、世界中でそれに関する文書が残っていたことがとても以外で、誰が書いたのかとても興味がわきました。

宣教師を通して各国が日本とつながりを持つと同時に一体何を考えていたのか、初めて知るそういった真実がどのようなものなのかとても期待しています。

そしてそんな諸外国に対して織田信長達はどのような思惑や駆け引きをやっていたのかそれがとても気になります。遥か外国から日本まで来れてしまう強大な国を相手に織田信長達がどのように相対していたのかとても面白そうだと思いました。

表題が「征服計画」とあるだけに穏やかな話でないのは容易に想像がつきます。

日本国内だけではなく世界とも戦っていたその事実がどのようなものだったのかとても期待しています。

 

NHKスペシャル 戦国西城秀樹再放送配信6月28日みんなの感想

 

近年日本の戦国時代についての新しい発見が数多くあるようで、今までの私達の理解を修正する必要がある点が結構あるやのように伝えられています。

特に当時日本に来日したヨーロッパの人たちの記した文書の内容が明らかになるにつれ、いままで知られていたよりももっとドロドロしたやり取りや水面下での戦いが行われていた可能性があるようですね。

そんな日本の戦国時代の新たな姿を示してくれる、そんな特集になるようで、歴史好きの方はもちろん、そうではない方にとっても必見の番組となるのではないか?と思います。

とはいえ、鉄砲の伝来は偶然の産物のような気がするものの、キリスト教伝来は、当時のヨーロッパ列強の他国での行動を踏まえれば明らかに日本を支配・征服し植民地とするためになされたことである可能性がある思われますので、おそらくこういった線を裏付けるような証拠がどんどん出てきているのではないか?そんなふうに感じています。

しかも6月28日のタイトルは「秘められた征服計画」であり、まさに真の狙いは日本の支配だったことを暗示しているようにも思います。

実際どういう内容になるのかは番組を見つつ確認したいところですが、かなり興味深い内容となっている予感がしますね。

 

NHKスペシャル 戦国西城秀樹再放送配信6月28日ユーザーレビュー

 

戦国の日本を地球規模から見てお伝えしてくれる番組ということで、壮大な番組になりそうですね。ナビゲーターに俳優の西島秀人さんを招き入れてということなので、西嶋さんの穏やかな声で戦国時代のことをナビゲートしてくれるというのとても興味深いです。

今回番組が取り上げられるのはヨーロッパと織田信長、豊臣秀吉、そして来日したキリスト教の宣教師との関わりがポイントになるということなのですが、その関わりが分かったのは16世紀にヨーロッパで書かれた文書が公開されたことにあったというのが歴史のロマンをかんじさせられます。

その文書からポルトガルやスペインと日本のつながりを知ることができるようなのですが、日本だけではなく、それぞれの思惑などもその文書から知ることができるようで、しれつな駆け引きなど危険なワードが並んでいることに恐ろしさも感じられます。

日本から見た日本の歴史と、世界が捕らえている日本の歴史というのは異なると思いますので、この番組でも日本が当時どのような立場にいたのか、織田信長や豊臣秀吉がどのようにヨーロッパとの関係を持っていたのかなどをこの番組で理解することが出来、もっと世界規模で日本の歴史を考えたくなるきっかけになってくれたらいいなと思います。-

 

まとめ

 

—世界規模で見る日本が関わった戦争についての番組ということなので、とても貴重な話を聞くことが出来るのはないでしょうか。

世界のいたるところで、日本の戦国時代を証明するようなものが発見されており、日本のみならず、世界規模で歴史を揺るがしているというその事実というのはどのようなものなのか、詳しく知ることができ、日本に対しての見方なども変わってくるのではないでしょうか。

大航海時代にはヨーロッパと日本が強く結びを持っていたなど、日本と世界の関わりを描かれているというのは大変興味深いです。シリーズとしてさまざまな時代をピックアップしてくれるようなのですが、第1集となる今回は織田信長と豊臣秀吉の時代を紹介してくれるということなので、戦国武将が好きな方にとっても見逃すことが出来ない番組となりそうです。

ヨーロッパの16世紀の文書が公開されたことによって、織田信長と豊臣秀吉が来日したキリスト教の宣教師とのポルトガルやスペインとの深い繋がりというのがどのようなものだったのか、それは歓迎すべきことなのかそれとも各国を脅かすもだったのかというところも注目したポイントになっています。

ナビゲーターとして西島秀俊さんが登場されるので、聞き入りやすい声で届けてくれることを楽しみにしています。

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

NHKスペシャル 戦国西城秀樹再放送配信6月28日