nhk

やまと尼寺 四季ごよみ,再放送/見逃し配信2020年6月27日を見る方法

やまと尼寺 四季ごよみ,再放送/見逃し配信2020年6月27日で見る方法
 

2020年6月27日14時50分からNHK Eテレで『やまと尼寺 四季ごよみ「水無月(みなづき) 芒種・夏至」』が放送されます

 
やまと尼寺 四季ごよみの再放送や見逃したかたで(2020年6月27日)を無料視聴は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

やまと尼寺再放送/見逃し配信 四季ごよみ
 

やまと尼寺 四季ごよみ /番組内容

 

水無月(6月)前半は“芒種(ぼうしゅ)”。梅酒や梅みそ、梅ジュースを仕込む「梅仕事」が待っている。後半は“夏至(げし)”。境内の茶葉を摘み、伝統の茶がゆ作り。

番組内容
「やまと尼寺 精進日記」の音羽山観音寺の暮らしの知恵と料理を、季節の暦・二十四節気ごとに紹介する。水無月(6月)前半は“芒種(ぼうしゅ)”。梅酒や梅みそ、梅ジュースを仕込む「梅仕事」が待っている。後半は“夏至(げし)”。境内の茶葉で、奈良伝統の茶がゆ作り。月末の「茅の輪くぐり」が終われば、暑い夏。

 

やまと尼寺 四季ごよみ,再放送/見逃し配信フル無料視聴2020年6月27日あらすじ

 

音羽山観音寺の暮らしを季節ごとに異なる食材を用いて精進料理を共お届けしてくれるというのは、日本の古き良き伝統がしっかりと守られているというような気持ちにさせてくれます。精進料理や寺というととてもかしこまったイメージをもたれている人が多いため、何となく敬遠されている人も多いかもしれませんが、季節を楽しみながらシンプルな暮らしをするというスローライフに似たようなものがあるため、近年のスローライフ志向の現代人にとっては実は自分の暮らしに通じるものがあるということを、この番組を見て感じられるのではないでしょうか。暦など季節を感じさせらるような紹介をしてくれる番組、今回は「梅仕事」がテーマになっているようで、たわわに実った梅の実を梅酒やジュース、梅味噌にして保存する為に仕込みを行なう様子を見ることが出来るようなので、どんな梅仕事の様子が楽しめるのか期待しています。仕込みだけではなく、料理の方ではお寺で取れる茶葉を使った茶粥を作られるということなので、季節の味を堪能できる番組になるのではないでしょうか。お寺で作られる茶粥、どのようなものなのか楽しみです。また、お寺の様子なども楽しめそうなので、穏やかな気持ちになれるのではないでしょうか。—回のテーマは梅ということで、昔の人の知恵などからさまざまな梅の仕込を行なう様子を見ることが出来るのはありがたいですね。お寺の精進日記から料理の知恵を分けてもらい、その料理を紹介してもらうことが出来る番組ということでちょっと真面目な番組なのかなと思いながらも、紹介してくれる人がとてもコミカルで意外にもアットホームな雰囲気のなかで番組が進むため、気楽な気持ちで見ることが出来る番組でもあります。この番組のおかげで、精進料理などへ抱いていたお堅いイメージが身近なものに感じられるきっかけになったという人も多いのではないでしょうか。今回は6月の大仕事である梅仕事がテーマなので、梅酒や梅ジュースなどさまざまな梅のを仕込む様子を楽しむことが出来そうです。また、梅のほかにも境内で取れた茶葉を使って、奈良伝統の茶がゆ作りを披露しくれるということなので、茶粥をあまり食べたことがないという人もお茶の違った楽しみ方ができるような番組になることを期待しています。——————–非常にNHK放送らしい番組内容だと思いました。6月は梅雨の時期といわれますが、近頃は地球温暖化や環境破壊などの影響で、気象状況も変わってきています。異常な気温の上昇や不安定な天候などで、昔とは生活の仕方や過ごし方が変わったように思います。そのなかで番組では、音羽山観音寺での暮らしのなかでの知恵を教えてくれるようです。見ているだけで、本来の6月の季節を感じることができそうです。私達の生活は、あまり四季を感じることができなくなってきました。年中手に入る食べ物など、便利はありがたいですがその反面、味気なさを感じてしまいます。その季節にしかできない仕事、味わえない食べ物だからこそ有り難みがあるのではないでしょうか。では、今の便利な生活を手放せるかというと、少し難しいと思います。だから、ここで紹介されるような暮らしを私ができるとは思っていません。あくまでも、昔から続く暮らしの形のひとつとして楽しみたいと思います。毎日蒸し暑い日が続きます。まだ梅雨も明けそうにありません。色々なことが騒がしく混乱した毎日です。でもこの番組をみると、何だか爽やかな静かな安らぎの時間が過ごせそうな気がします。都会の喧騒から少し離れてみたいです。——————ると思うのでその趣旨も伝えつつ非日常感も味わえる機会になりそうで楽しみです。

 

やまと尼寺 四季ごよみ,再放送/見逃し配信2020年6月27日みどころ

 

奈良県在住の私は、この「やまと尼寺精進日記」のシリーズを良くニュースの特集で観ています。

そちらは数分の番組ですが、女性3人が繰り出す日常のふとした場面の連続に面白さがにじみ出ており、また、寺院というお堅いイメージの雰囲気を微塵も感じさせない朗らかさ、和やかさにほっこりしています。

「四季ごよみ」は、そんなミニ番組の特別編といった番組で、お三方の明るいキャラクターが爆発していて楽しいです。

ひょうきん者&しっかり者&それをまとめるご住職といったそれぞれのキャラクターも、まるでコントやドラマのような素敵な雰囲気があります。

茶がゆ、梅酒など、奈良の伝統の民俗が色濃く詰まっていることも番組を彩っています。そして、音羽山観音寺といえば見事な景色が見渡せることでも有名で、四季折々の美しい光景にもいつも癒されています。

今回は初夏ということで、緑に溢れる山寺の情景も楽しみです。

NHKの高性能カメラが捉えることで、美しさに品があるのも特徴です。この音羽山観音寺、地元の人でも「知ってはいるが、なかなか訪ねる機会がない」というスポットで、映像としての価値も高いと感じます。

山の頂上からは歴史ある二上山や遥か遠くには明石海峡大橋も見渡せると聞いているので、この番組を参考に一度歩いてみたいです。普段なかなか触れることのないお寺での暮らしの知恵と料理の紹介がある「やまと尼寺精進日記」。音羽山観音寺での暮らしぶりや季節の風景なども楽しみにしています。

今回は6月なので世間と同じく「梅仕事」がテーマとか。梅酒や梅みそ、梅ジュースが紹介されるようなので、出来ればレシピや作り方の紹介も期待しています。後で作りたくなる方もいると思うんですよね。

また仕込む様子や実際に出来たもの感想などもあればいいなぁと期待しています。
また奈良伝統の茶がゆ作りの風景も観られるようなので楽しみです。

季節感や日本古来の風景を味わいつつ、それを現代にどう融合していくのかも問われていると思う番組です。華やかではないけれど、贅沢せず日常の中に喜びを見出す智恵も随所に感じられるのも素晴らしい点だと感じます。

夏至を過ぎ、月末の「茅の輪くぐり」に向かいどんな夏支度をしているのか、また夏への心構えや昔の智恵なども含めて話が聞けるのも楽しみです。

エアコンや扇風機がなかった時代にどう暑さをしのいできたか、また涼を求めて何をして来たかも随所に織り込まれていると期待しています。

きっと今目の前にある物を最大限に生かし、感謝する心がベースになってい

 

やまと尼寺 四季ごよみ,再放送/見逃し配信フル無料視聴2020年6月27日みんなの感想

 

 

やまと尼寺 四季ごよみ,再放送/見逃し配信フル無料視聴2020年6月27日ユーザーレビュー

 

2人の尼さんと1人のお手伝いさんの、ゆるーい会話と丁寧な手順で作られるおいしそうな?料理が今回もメインになると思います。今回の前半は節気は「芒種」食材は「梅」がテーマ。「芒種」の「芒」とはイネなどの穂先にある針のような毛のことです。

昔からこの時期は植物の種を蒔いたり、稲であれば田植えの時期とされますが、実際は田植えはもっと前ですね。

なんであれ、非常に手間をかけて新しいものを作る時期と考えていいと思います。

梅は果物でありながら、そのまま食べることができません。今回も手間ひまかけて材料を下ごしらえするでしょう。

梅酒と梅ジュースはおそらくオーソドックスに作ると思います。どちらも梅の小さなヘタを取ったり、お酒や氷砂糖がうまく梅になじむように小さな穴を梅に開けたり、またなんということのない会話を繰り返しながら、丁寧な作業が見られるのが期待できます。

問題?は梅みそ。

また副住職のオリジナリティがさく裂した梅みそになるのは?と期待しています。後半は「夏至」夏至はみなさんご存じの節気。食材は「茶がゆ」。想像しただけでもおいしそーとなりますがこの3人の手にかかるとどうなるでしょうか・・。

境内のお茶っぱ摘みからお話は始まるようですね。実は「お茶」つくりは意外に繊細。

まずは茶の葉を摘むところから始まりますが、「どの葉」を摘むかでも出来るお茶が違います。多分「新茶」を狙う?と思います。

その次はお茶の葉を蒸しますが、その蒸し時間でも仕上がりが異なります。次はそのお茶の葉を炒りながら手もみ。今度はどの程度炒るのか?どこまで手もみするのか?そんなちょっとした出来ごとで出来るお茶が違います。どんなお茶が仕上がるのでしょうか。

さらにそのお茶でおかゆ。お茶でお米を炊くのでしょうけど、どんな香りがするのでしょうか。

正直この番組の料理は必ずしも「成功」するとは限らないので、その部分も大変楽しみです。もちろん、3人は成功しても失敗しても幸せそうに食べますので、その姿も、またその時の会話もまた楽しみです。

–日本の昔ながらの暦に基づいた、季節の食べ物づくりにとても興味があります。

毎年6月ごろになると、スーパーやホームセンターで梅酒づくりのキットが店頭に並びますよね。奈良のお寺で、昔ながらの仕込みの方法を見せてくれるのではと期待大です。

特に梅酒づくりは、以前から一度自分でやってみたいと思いながら、まだ実現できていないので、この番組が一歩を踏み出すきっかけをくれたらいいなと思いました。梅を漬けこむお酒は、地域によっていろいろあるようなので、奈良のお寺で何のお酒を使って仕込むのか気になります。

今は暑い夏を快適に過ごすための便利グッズもたくさん発売されていますが、昔の人の知恵に立ち戻るのも良いですよね。

旬のものを取り込むことで、暑さに負けない体づくりができそうです。「奈良伝統の茶がゆ」にも興味があります。以前奈良に旅行した際、(今回のお寺とは別のところですが)お寺の参道に茶がゆのお店があり、ランチに入りました。

余計な味付けはせず、お茶の渋みとお米の自然な甘味がとてもおいしかったことを覚えています。作り方が紹介されるようなら、ぜひ一度自分でも作ってみたいです。季節や料理は、生活を楽しむための大事な要素だと思うので、二十四節気をテーマにしたこの番組を楽しみにしています

—番組は定期的に放送される番組なので、放送があると知れば見ている番組です。やまと尼寺で繰り広げらる日常を視聴者が見守るという感じのスタンスですが、華やかなできごとがあるわけではありませんが、見ていると元気になれる番組です。

出演している尼寺の人たちが生き生きと楽しそうに日々を過ごしているのがいいんだと思います。そんな姿を見ていると、とても羨ましくていっそ自分も出家してここに住んでしまいたいと思う時があります。

それは、いろいろな煩悩を抱え家事や育児に追われている自分が小さく思える時があるからでしょうか。そんな息が詰まるような感覚を送る日々の中で、私にとって『やまと尼寺四季ごよみ』は魂が一息つける番組といえます。

昔ながらに行われていた丁寧な生活を送っている尼寺の人たちが、時間に追われて生きている自分にとっては眩しくて羨ましい限りです。

この番組にはそんな時間の過ごし方や丁寧な日々の暮らし方の大切さを教わっている感じがします。

いずれ尼寺の人たちみたいな暮らしをしてみたいですが、今は無理なのでせめて番組を見てその時だけでも時間を大切にする感覚を味わおうかと思っています。

 

まとめ

 

特別笑いがあるわけではないのですが普通のバラエティとは違った面白みがあります。この番組は6.7月を中心に描く番組ですよね。
6月は梅、7月は茶葉と書かれていますが、10分という短い放送時間なのでこれは致し方ないですね。でもこの10分の間に「梅」と「茶葉」の事、そして尼寺の生活がどこまで描かれるのかが楽しみです。もしよければ10分ずつでも構わないので春夏秋冬の尼寺の生活を取材してほしいなと思うのが正直な気持ちです。

尼寺の人達が梅ジュースや茶粥を作るのでしょうが茶粥と言う言葉は初めて聞きました。

どんなものなのか非常に興味をそそられます。きっと10分間まったりとでも真剣な面持ちで番組を視聴するでしょう。

尼寺なので女性しか登場しないのでしょうか。女性だけですべての作業をするのは体力的にも大変だろうなと思います。
でも作業を終えた後梅ジュースを飲んだり茶粥を食べたりしながらおしゃべりしている尼さん達の笑顔が目に浮かびます。

 
やまと尼寺 四季ごよみ,再放送/見逃し配信フル無料視聴2020年6月27日水無月編pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)で見れない方は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

やまと尼寺 四季ごよみ,再放送/見逃し配信フル無料視聴2020年6月27日水無月編