nhk

元湯 おたすけ あいであ館,動画, nhk無料視聴6月26日が見れるサイト

元湯おたすけ あいであ館,動画, nhk無料視聴6月26日が見れるサイト

 

2020年6月26日19時30分から『元湯「おたすけ・あいであ館」~歓迎!ITに悩むシニア様御一行~』が放送されます

 

元湯おたすけ あいであ館,動画で, nhkが無料視聴で6月26日~最新話が見れるサイトは(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

元湯おたすけ あいであ館,動画, nhk無料視聴6月26日が見れるサイト
 

おたすけ・アイデア館 /2020年6月26日動画番組内容

 

この夏、突如出現した架空の温泉宿。田舎と都会の様々な悩みを沸き出す知恵で解決していくフシギな効能を持つ源泉だ。新型コロナの行動制限で高齢者へのIT普及も課題の一つ。オンラインなら帰省もでき、孫の笑顔もリアルタイムで見せられるが、ITアレルギーでなかなか進まない。そこで、介護事業やITベンチャーなどを営む全国各地のアイデアマン16人とオンラインで結び、ITが苦手なゲストとともに解決策を探っていく。

 

元湯 出演者

 

司会
松田利仁亜,堀家春野,

出演
冨士眞奈美,中尾彬,

語り
神田伯山

 

元湯おたすけ あいであ館, 無料視聴動画, nhk 6月26日あらすじ

 

その時に色々なお客様とお話をしましたが、中には高齢の方でパソコンでインターネットをされる方もいたりして驚いたことを覚えています。

しかし、高齢者でインターネットを利用する人はかなり少ないです。あれから大分時間が経ったので今はもっと増えたかも知れませんが、皆さんの周りのお年寄りでインターネットを使う人はいますか。

大体の人はやってないと答えると思います。

番組では、架空の温泉宿に見立ててインターネットのことで悩むシニアの皆さんの問題を解決するというものだそうです。

田舎と都会の悩みが紹介されるみたいですね。

私は将来買い物に行くことが困難になったらネットスーパーを利用したいと思うのですが、今の高齢者はネットも使えないから歳を取っても車の免許が返納出来ないんですよね。

インターネットを使える人が増えれば免許を返納するお年寄りも増えるのではないかと思っています。

今はなかなか帰省も難しい状態です。でもおじいちゃんおばあちゃんって孫に会えることを楽しみにしているんですよね。

オンライン帰省をしたいと子供や孫が言ったとしても、高齢者側にツールがなければ実現することは出来ません。そのような問題をどんなアイデアで乗り越えるのでしょうかね。

私も祖父の買い物をネットで代行してあげたりすることがあるので他人事ではありません。

 

元湯おたすけ あいであ館,動画2020年6月26日のみどころ

 

温泉宿「元湯おたすけあいであ館」という題名を聞いて、温泉宿にいる気分でゆったりとリラックスした雰囲気の番組なのかなと思いました。

劇の台本があるのか、トークするのか、どのような雰囲気で番組が進んでいくのか興味がそそられます。ITに悩むシニアに向けてということで、シニア代表として冨士眞奈美さん、中尾彬さんが出演されます。お二人とも遠慮なく意見をおっしゃってくださいそうなキャスティングで、どんなことをお話ししてくださるのか、とても気になります。

きっとシニアの率直な意見をおっしゃってくださることでしょう。

また、介護事業やITベンチャーなどを営む全国各地のアイデアマンが登場されるとのことです。

ITなんて難しい、できない、と諦めておられるシニアの方々が多いと思うので、どのようなアイデアでシニアのITアレルギーを解決していくのか、楽しみです。

シニア世代向けの番組のようですが、ITの入門として、他の世代が視聴しても面白いのではないかと思いました。

また、語りが今話題の講談師、神田 松之丞改め神田伯山さんであることに惹かれました。

きっとテンポの良い節回しで語りをしてくださるのだろうと思うと楽しみです。放送時間が午後7:30からということで、夕食を食べながら、腰を落ち着けて観られそうですので今から楽しみです。

 

元湯おたすけ あいであ館,動画, nhk 6月26日ユーザーレビュー

 

総合テレビの番組ということですが、ちょっとEテレのような内容みたいだなとも感じました。架空の温泉を舞台にした設定ということですが、どんな風に番組が進行していくのかが気になりますね。

この温泉の効能は、田舎や都会の様々な悩みを解決してくれることだそうです。

この番組の主旨は、高齢者へのIT普及が課題になっているということだそうです。

確かにそれは凄く分かります。

今はなんでもQRコードが出てきたりして、私だってよく分からないこともあるのに絶対に高齢者には理解することが出来ないのでは?というものがよくあります。

高齢者ではなくとも、ITに弱い方はおいてけぼりにされてしまうかも知れません。

この問題はどうすれば解決することが出来るのでしょうかね。

16人のアイデアマンが色々と解決の道をアドバイスしてくれるみたいですが、高齢者の方はお金を持っている方が多いのでパソコンやスマホはすぐに買えるかも知れません。

しかし、あの年齢になって使い方をマスターするというのはかなり大変なことです。

どうすれば解決するのでしょうか。

その理由は、若者でさえ意味の分からない英語表記のIT用語のせいだと思うのですが、そこをシニアの方でも受け入れやすいように、日本語でどうにか伝えていく作業が大変なのは分かります

また、日本は何かを学ぶ際に本当に初心者向けに説明する事から始めるのではなく、予めここは理解しているだろうと教える側が判断して、なかなかハイレベルな所からいきなりスタートする事が多いなと学生時代に感じていたので、シニアの方にはそりゃあチンプンカンプンになるのは当たり前だと思います。

そんな状況に対して具体的に改善しようとする人々のアイデアがとても重要となりますよね。シニアの方の気持ちのちゃんと要点を掴む事が特に大事であると考えています。そこでこの番組は「アイデアマン」と言われるほどの実力の持ち主が多数現れて、それぞれの意見を出し合い、改善策を見つけるという事。それによって、シニアの方がスマホへの拒否感が消せれば良いなぁと心から思います。

年を重ねてるというだけで損をしてしまうのは本当に悲しい事ですし、テレビの影響だけ受けているのがてても心配になります。—-

 

元湯おたすけ あいであ館,動画で見たいポイント

 

ITに疎いシニア世代の人たちを手助けするというこの放送は、まさに今世の中に必要とされているテーマだと思いました。便利な世の中になったと言われますが、あくまでもそれはITを使いこなせるひとにとっての話だと思います。

使いこなせないと置いてきぼりになります。手助けを必要としているシニア世代は多いと思います。

でも、どこに言っていいのかもわからないのが実情ではないでしょうか。

実際に私の母親は長年アナログ生活で、機械関係にはかなり疎い人間です。

このまま縁がないままなのかと思っていましたが、ガラケーが壊れ仕方がなくスマホに替えたことで、少しずつ生活が変わっていきました。

初めは文字の入力にも一苦労、誤字脱字は日常茶飯事でした。

しかし、今はでは入力も早く絵文字まで使えるようになりました。その変化を側で見ていると、上達に本当に驚きます。いくつになっても人間って習得するものですね。

もちろん本人の努力と苦労はあったと思いますが、周りのサポートも必要でした。

母親一人では無理だったと思います。スマホが使えるようになったのをきっかけに、デジカメを使いこなすようにもなりました。必要に迫られれば出来るようになるものなのですね。

サポートする人が増えて、ITがもっと世代を越えて浸透していくのも夢ではないと思います。そういった意味で興味深い番組です。

この夏突然出現した架空の温泉宿で、何が起こってどう展開していくかが楽しみですね。確かに高齢者へのIT普及は、課題の一つですよね。

お元気な高齢者が多い中、彼らにITを知ってもらって、事業に加わっていただけるといいですよね。70代後半でも元気自慢の方多いですよね。

ITアレルギーですか、笑えます、私もそうなので、主人にパソコンでわからない事聞くと、よく怒られます。

私もアレルギー者の一人です。60前になって私も、60の手習いで、何か身に着けたいとは、思いますが、やはりITは、難しいイメージが強いですよね。簡単にできるならチャレンジしてみたいです。

このおたすけあいであ館という題名に笑いがきました。温泉宿に最近行ってないので、旅行気分で見ようと思います。

不思議な効能をもつ源泉ですか、是非いってみたいです。50半ばすぎて、色々年のせいか出てきたので、一発解消したいです。こういう番組は珍しいですね。

この番組みたらきっと温泉旅行に行きたくなります。

皆さんそうだと思います。温泉に入って、体を休めて元気を取り戻して欲しいです。

私もシニアご一行様として参加したいです。

 

まとめ

 

楽しみな所は、架空の温泉宿のあいであ館が、どんな知恵をだすのかという所です。

温泉が、湧き出るとアイデアが、わきでるをかけているのかなと思いました。

今回は、シニアのIT普及についてアイデアを考えるという事で視聴者としても一緒にアイデアを考えてみたいです。実際にオンラインが、当たり前のような世の中になりつつもあるので高齢者もITに慣れていかないと不便になってきましたね。

とはいえパソコンやスマホを覚えるのも苦手という高齢者もおおいと思います。面白そうな所は、実際に高齢者と接する機会もおおい介護事業やITベンチャーからアイデアマンを16人揃えて解決策を考える所です。

高齢者と接している介護事業者だったら高齢者が、ITのどこにアレルギーを感じるのかなどの意見も聞けると思います。

ITベンチャーは、その意見を踏まえて高齢者でも分かりやすいITを考えたりして相互で協力してIT普及に尽力してくれそうです。オンライン帰省は、孫とテレビを通して話せるので高齢者もチャレンジしてみようと思えるITだと思います。

孫に設定を頼んでしまうのも良いかもしれませんね。

最近は、いろんなITが、普及していてすぐに対応できる人は、すごいなと思います。

高齢者やIT苦手な人でも簡単に操作できるITが、あれば嬉しいです。

何でも田舎と都会の様々な悩みを沸き出す知恵で解決していくフシギな効能を持つ源泉があるそうで、私も是非そんな温泉に入浴してみたいものですね。

今回は、日本の社会全体の大きな課題となっている高齢者へのITの普及について。

インターネットを使えば、様々な便利なことが実現できて、高齢者であれば遠く離れた場所にいるお孫さんの笑顔もリアルタイムで見られるのですが、歳を取ると変化を嫌うようになり、新しい技術がなかなか受け入れられにくくなってしまいます。

そんな高齢者のITアレルギーに対して、介護事業やITベンチャーなどを営む全国各地のアイデアマン16人とオンラインで結びながら、ITが苦手なゲストとともに解決策を探っていくとのこと。

私は年代的にインターネットへの拒否感はなく、それなりに利用させてもらっているのですが、ネットへのアクセスの中心的手段がパソコンからスマホへと変わってゆく時代の流れについていくのはなかなか大変だと感じています。

これが高齢者だと、とても追いつけないと諦めてしまうのだろうなと想像できますし、なかなか解決するのが難しい問題ですね。

この番組で画期的なアイデアが出されることに期待しています。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

元湯おたすけ あいであ館,動画, nhk無料視聴6月26日が見れるサイト