nhk

ズームバックオチアイ,動画,再放送,見逃し配信を無料視聴で見る方法!6月25日など

ズームバックオチアイ,動画,再放送,見逃し配信を無料視聴で見る方法!6月25日など

 

2020年6月25日22時30分からNHK Eテレで『ズームバック×オチアイ(2)「半歩先のニューエコノミー」』が放送されます

見逃した方過去の放送や最新話、そして、深夜の再放送は見れないという方は
結論から言うと(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ズームバックオチアイ,動画,再放送,を無料視聴で見る方法!6月25日など

ズームバック×オチアイ /番組内容

 

未来が見えないコロナ禍の今、過去をヒントに「半歩先の未来」を編集長・落合陽一が大胆に予測する新番組。世界経済が停滞するなか、生み出される新たな経済システムとは。.

番組内容

未来が見えないコロナ禍の今、過去を考察し「半歩先の未来」を大胆に予測する新番組。番組編集長は、教育者や研究者などさまざまな顔を持つ、落合陽一。第2回のテーマは“半歩先のニューエコノミー”。世界中の経済が停滞し、未曾有のGDPの下落が予想される今、私たちの経済は一体どうなるのか?20世紀初頭の世界恐慌、そしてリーマンショックを検証。世界経済を好転させうる、起死回生の新たな経済システムとは?

 

ズームバック×オチアイ キャスト

 

出演
筑波大学准教授…落合陽一

かなりお若い先生ですが、番組を見てる方はご存じですが、聡明な方です!

 

ズームバックオチアイを見逃した方へ

 

世界はこれから一体どうなるのでしょうか?今年になってから世界中の人々がこれからの経済を心配しています。いまの状態はリーマンショックを越えたと言われています。

それだけではなく20世紀初頭の世界恐慌に匹敵すると分析する声もあります。

誰もが経験したことのない経済危機を迎えた今、筑波大学准教授の落合陽一氏が未来に向けての的確な提言を発信してくれそうな番組ですね。

日本人は世界恐慌の後、太平洋戦争、敗戦後の混乱、オイルショック、円高不況、バブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災などたくさんの苦境を乗り越えて来ています。この世界的経済危機を乗り切る知恵をどの国の人たちよりも持っていると思います。

しかし、第2派などまだ、感染が広がらないとの確証がない中での経済活動は不安が払拭できません。

不安がなくならない限り、世界経済が元のように戻ることは難しいかもしれません。

さて、落合陽一氏はどのようにして経済を立て直そうとしているのでしょうか?

大変興味があります。

ワクチンや治療薬などの開発、普及が何よりも大切ですが、それを待っている時間はありません。

今すぐにでも、少しでも世界経済を立て直すことが急がれるのです。

命が大切か経済が大切か?その答えは命です。

でも経済を置き去りにしてしまうと、その影響により失われてしまう命もあります。

命と経済、両方の車輪を動かしていく方法を教えてほしいと強く願います。

 

ズームバック×オチアイを無料視聴で見たいポイント

 

これまでに経験のない大変な状況が続いており、この先の状況も全く見通せない世の中となってしまいました。

しかし、ピンチはチャンスという言葉があるように、私達は苦境を乗り越えるために、知恵を出し合い、固定概念にとらわれない新しい形を見出そうと、創意工夫を重ね、そして新しい概念、価値観を生み出します。

これまでの有史において、人間はそうやって幾度の苦境を乗り越えてきたのだと考えています。

今こそチャンス。この状況のおかげで、とは言いたくありませんが、間違いなく世の中が大きく変わり出そうとしています。

落合教授は、きっとこのようなことを語りたいのでしょう。そして、人々にただ耐え忍ぶだけでなく、クリエイトすることの大切さを伝えたいのではないでしょうか。

ビジネスチャンスとしては今この瞬間という考え方は最もであり、この状況下で新たに生まれた種々の変化を敏感に感じ取り、それを新たな価値観としてビジネス化できる人、そういう人がブレイクする機会を持っているのではないでしょうか。そのチャンスは、誰もが平等に有しているのではないでしょうか。

過去の経験を今生かし、未来につなげる、人より半歩先を見据える、そんなちょっとした意識改革をするだけでもだいぶ違うのではないでしょうか。

勇気をもらえる放送内容に期待したいです。

 

ズームバック×オチアイの動画で見るべきポイント

 

世界中の経済が低迷したからこそ、ギリギリで頑張ってきた大騎乗は破綻し、消費者のニーズにこたえることのできた企業は新しい時代の販売方法や商品を展開することで生き残り後の巻き返しを図っている今、目の前のことに対処しながら10年先、20年先の未来をどう描くか、どんな世界経済の流れが来るのかを具体的な話で進めてくれる人がいたらいいなという時にどれだけの肩書を持っているのかわからないお兄さんが登場。

AI時代を迎えた後の世界などについての出版をしてきた落合陽一さんが、ちょっと先の未来を少しだけ考えた内容を言葉にしてくれそうです。

当たり前になってきた冷感マスクの登場などはまさに危機から作り出された新しいもので、それが登場したのはきっと過去にも何かがヒントあるはず。

例えば今回の件はスぺイン風邪のことを引用して考えた学者がいるようにこんな危機にどうやったら生き残れるかどうしたら早い段階で経済を回復させるのかを過去の歴史、人類の歴史を振り返ることでヒントがでそう。

ただやみくもに探すのではなく筑波大学で教授も務める、今話題の人物が考えた未来予想図はこれからの私たちにとって役に立ったりヒントになる情報をピックアップしてくれるのではと思います。

 

 

まとめ

 

おもしろそうな点ですが、落合さんが経済をどのような視点で分析するのかが気になります。視聴者が新しい発見をするかもしれないので、面白そうだと思います。期待する点ですが、「半歩先」というキーワードです。

「一歩先」ではないので、より現実感が増した内容になると思いますので期待しています。

そして、ニューエコノミーとは何なのかを深掘りする気がします。経済発展のカギとなる理論を期待しています。注目点ですが、ホームページの予告動画に写っていた落合さんの作業部屋です。膨大な資料が収納されていましたが、とても興味がわきました。落合さんを撮影するカメラワーク・BGMも気になります。

番組制作陣の編集技術にも注目したいと思います。

見どころですが、世界恐慌・リーマンショックを検証するそうです。

落合さんは筑波大学准教授なので、私たちに分かりやすく説明してくれると思います。

検証方法をどのように描かくのかが注目です。

そして、経済システムを勉強できる貴重な番組だと思います。

楽しみにしていることですが、この番組は20分間なので要点を絞って展開する気がします。内容の濃い番組になると思いますので楽しみにしています。

筑波大学図書館情報メディア研究所の落合陽一准教授は、人間とコンピューターとが自然に共存する「デジタルネイチャー」という価値観を提唱したことで知られています。

また、現在も、その価値観に基づいた研究やメディアアート作品などの制作を続けています。

そんな落合准教授が番組編集長を務めるのが、NHK Eテレで毎週木曜日午後10時30分から放送されている「ズームバック×オチアイ」です。

同番組は、過去の考察を手がかりに「半歩先の未来」を落合編集長が大胆に予測するというコンセプトで6月18日にスタート。

第2回目となる6月25日の放送では、“半歩先のニューエコノミー”を取り上げます。

世界経済は、いまだに停滞したままです。国際通貨基金(IMF)も、「世界経済の見通し(WEO)」で2020年の各国のGDPは大幅に下落するであろうと予測しています。

そんななかで、世界経済を好転に導く起死回生の新たなシステムは存在するのでしょうか。その答えを求めて、番組では落合編集長が20世紀初頭の世界恐慌や、2008年に発生したリーマンショックを詳細に検証します。そこで彼は、どんな新たなヒントを提示してくれるのでしょうか。

番組を観ながら確認したいと思います。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ズームバック×オチアイ動画6月25日